醍醐虎汰朗は嘘がつけないピュアな座長!?関水渚「キラキラ眩しくてしょうがない」

公開:
醍醐虎汰朗は嘘がつけないピュアな座長!?関水渚「キラキラ眩しくてしょうがない」

4月7日スタートのドラマ『シガテラ』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の取材会がこのほど行われ、主演の醍醐虎汰朗、ヒロインの関水渚が出席。お互いの印象やドラマ撮影の裏側について語った。

原作は、「行け!稲中卓球部」などで知られる古谷実による同名コミック。クラスメイトからのいじめにより地獄のような学生生活を送ってきた荻野優介(醍醐)に、ある日突然、幸せが訪れる。大好きなバイクに夢中になり、さらには密かに思いを寄せていた、美人で1学年上の南雲ゆみ(関水)と付き合うことに。しかし、趣味も恋愛も順調だったはずの荻野の“日常”は、少しずつ“非日常”に侵されていく。

関水渚、原作を読んで「高校生の繊細な気持ちがリアル」

原作を読み「コメディ・エロ・バイオレンスだな」という感想を持った醍醐は、「初めて人を好きになって、一挙一動にドキドキするのは、やっぱりみんな共通なんだなと思って、ほほえましい気持ちになりました」と、演じる荻野に共感。関水も「懐かしいなと思う描写がたくさんありました。高校生の繊細な気持ちが男女ともにすごくリアルに描かれているので、読んでいておもしろかったですし、終わり方もすごくリアルで私は好きでした。多くの方が共感できると思う」と話した。

今回、初共演となる2人。醍醐は関水の印象について、「しっかりと理詰めをしてから、自分の役だけじゃなくてバランスを考えながら演じてくださる」とコメント。物語は主人公の荻野を中心に進んでいくが、「“受け”の芝居が一番重要だと思っていて。受け取れるものが大きいので、関水さんとのお芝居はすごくやりやすいですし、頼れる方だと思います」と絶賛した。

一方の関水は「虎汰朗くんのまっすぐさに毎日心を打たれています」と笑顔を見せ、「2歳しか変わらないんですけどね。キラキラしていて、眩しくてしょうがない。分けてほしいなと思っています」と羨望の眼差し。これを受けて「恥ずかしいですよ」と顔を赤らめる醍醐に、関水は「役もぴったり。虎汰朗くんでなければ、この役はできないと思います」と太鼓判を押した。

原作には過激なラブシーンも描かれており、醍醐は「やったことがないので緊張しています」と本音を吐露。同じく関水も「私もやったことがないので、表現の仕方が難しそう」としつつ、身構えることなく「南雲ゆみの気持ちのままいけばいいのかなと思っています」と意気込んだ。

ここで記者から「おもしろかった撮影は?」との質問が飛ぶと、「全裸で廊下を走るシーンを撮ったんですけど……」と醍醐。「前貼りではなくて、Tバックのようなものを履いて撮ったので変な羞恥心というか……。もちろんスタッフのみなさんはプロの方々なので、そんなふうに見ていないとわかっていながらも、恥ずかしいなって」と苦笑い。関水は「私の前で服を脱ぎ始めるシーンのときにも、今まで普通に上裸でいて、汗までかいてるのに、急にフリースを着始めて。『恥ずかしくなっちゃって』と言っていたのがかわいいなと思いました」とほほえんだ。

ドラマ初主演の醍醐虎汰朗が語る座長としての思い

今作でドラマ初主演となる醍醐は、「特に技術が秀でているわけでもなく、歳が上なわけでもなく、キャリアもまだ浅い状態なので、僕に残っているのは“元気でいること”くらい(笑)。どうしても疲れが溜まってくることはあると思いますが、ネガティブ発言は一切禁止にして、ポジティブな空間を作ることだけを心がけています」と座長としての思いを語る。

さらに、これまでに出会った座長の中で印象的だった振る舞いについて聞くと、「橋本環奈さんは、いろいろな座組で座長を経験されている方なので、画面越しではわからないところですごくいろいろと考えていて、空気感の作り方も綺麗なんです。鼓舞の仕方も、キャリアを重ねていないとできないと感じるところがありました」と打ち明けた。

そんな醍醐について「嘘がつけないんですよ」と関水。「そんなことないよ!」と否定する醍醐だったが、「だって、嘘ついた後にも『本当はさぁ』って言ってくるじゃん(笑)。それが素敵だなと思っています。私だったら嘘ついたままにしちゃう(笑)」と笑い、「もともと明るいっていうのもあると思うけど、それ以上に(明るさを)発揮しようと努力している姿が素敵だし、座長がそういう心持ちでいてくれると、士気が上がるし引っ張ってもらえる」と信頼を寄せていた。

(取材・撮影・文:nakamura omame)

■醍醐虎汰朗
ヘアメイク:カスヤユウスケ(ADDICT_CASE) スタイリスト:MASAYA(ADDICT_CASE)

シースルーシャツ ¥27,500(fEEL)
アシンメトリーシャツ ¥24,600(Mizuid)
その他スタイリスト私物

fEEL(090-5159-8466)
Mizuid(03-6303-2746)

■関水渚
スタイリスト/津野真吾(impiger) ヘアメイク/井手真紗子

シャツワンピース/¥49,500 KLICHÉ(KEII Design合同会社 www.kliche.jp)

画像ギャラリー

PICK UP