竹内涼真『君と世界が終わる日に』参戦の柄本時生に感謝「新しい切り口が生まれた」

公開: 更新:
竹内涼真『君と世界が終わる日に』参戦の柄本時生に感謝「新しい切り口が生まれた」

竹内涼真が主演を務める『君と世界が終わる日に』の完全新作1時間スペシャル『君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP』(日本テレビ系)が3月19日に放送され、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて期間限定で見逃し配信中だ。このほど、主演の竹内と、本作に出演した柄本時生に、作品の見どころや撮影中の様子などについて話を聞いた。

ゴーレムと呼ばれるゾンビに占拠された死と隣り合わせの“終末世界”を舞台に、竹内演じる主人公・間宮響と仲間たちが生き残りを懸けた闘いに身を投じる、極限のゾンビサバイバル『君と世界が終わる日に』。

今回放送された『入門編 完全新作SP』では、響が姿を消してしまった最愛の恋人・小笠原来美(中条あやみ)を探して旅をしていた頃に起こった知られざるストーリーが描かれた。主演の竹内に加え、泉里香小宮璃央横溝菜帆トリンドル瑠奈ら、個性豊かなキャストが出演。柄本はヒーローに憧れる「最弱ゾンビハンター」エースを演じている。

柄本は「昔からゾンビ映画の大ファン。俳優をやっている以上、一度でいいからその世界観に入ってみたいという気持ちがあったので、夢が叶ったような気分です」とオファーを受けた時の心境を振り返る。過去にゾンビになる役は「2回くらい経験がある」というが、ゾンビと対峙する役は初めてだったといい、「しっかりとゾンビの世界に入ったこともなかったので、嬉しかったです」と感想を述べる。

竹内も「柄本さんに出ていただいて、新しい切り口が生まれたと思います」と柄本のシリーズ参加を歓迎する。「サバイバルやアクションといろんな要素が盛り込まれた作品ですが、このドラマの核は人間関係だと思うんです。そこをどうリアルに、熱く表現できるかでこの作品の肝が作り上げられるような気がしていて。柄本さんは現場でもすごく自分らしく自然体なんです。その影響を僕もたくさん受けました。本気だからこそ笑ってしまうような場面も生まれたりして、作品に新しい世界観が加わった気がしました」と柄本の存在の大きさを語る。

2人は現場で共演者を交え、いろいろな雑談をしたとも紹介。「(もしプライベートで)ゾンビと戦う時、武器は何にする?」という話題で盛り上がったといい、竹内は「俺は槍って答えました。噛まれたくないので」と笑顔で回顧。柄本は「金属バットが一番いいんじゃないかって思ってました」と現場での和やかな雰囲気を紹介する。

柄本は「涼真くんはすごく打ち解けやすかった」と竹内の存在に救われたとのこと。「年下でこんなにも相手の背中に触りたくなる人は珍しい。それくらい竹内くんは頼りになるんです。主役として現場にありつつも、後輩として僕のこと立ててくれたりもする。優しくて、人の立て方がとてつもなく上手な人だなと思いました」と竹内の人柄を絶賛する。

スペシャルドラマの見どころを問われると、柄本は「今までとテイストが違うものになっていて、コメディ要素も少し入っているので、そこに注目していただけると嬉しいです」とコメント。竹内は「今回のスペシャルの主人公は、柄本さんの演じるエースだと思っているんです。エースは、物語の中で自分の中の様々なコンプレックスに立ち向かっていくのですが、そこが面白くもあり、かっこいいところなんです」と紹介。その上で「他の人が逃げてしまいそうな恐ろしさや、そういう場所に飛び込んで打ち勝っていく登場人物の姿にぜひ感情移入して観て頂けたら嬉しいです」と呼びかける。

スペシャルドラマの放送後からは、Season4もHuluで独占配信中だ。竹内は「こうしてシリーズを続けられることを大変嬉しく思います。この後は映画も続くので、一大プロジェクトになっています」と感慨深げ。「作品チームのみささんと気を引き締めて頑張っていこうという気持ちで取り組んでいます。やるからには前作を超えていきたいですし、どうすれば面白くできるかを考えながら撮影に臨んでいました」としみじみと回顧。

Season4の出来栄えについても竹内は「丁寧に向き合ってきた結果が、しっかりと伝わる最高傑作になっていると思います」と話していた。

PICK UP