ティモンディ、高橋英樹主演ドラマに本人役で登場「漢・高橋英樹のかっこよさに痺れた」

公開:

3月13日の月曜プレミア8枠(テレビ東京系、毎週月曜20:00~)は、高橋英樹主演の痛快ミステリー『再雇用警察官5』が放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、姉小路祐「2の変更」(徳間文庫「再雇用警察官 0の構図」所収)が原作で、吉本昌弘が脚本を担当。高橋は、身分は曖昧・昇進も関係なし……という、定年後に再雇用された警察官・安治川信繁として、刑事の勘と人脈を武器に難事件に挑む。今回劇中に、ティモンディ高岸宏行前田裕太)が喫茶店のお客役で登場する。

放送を前に、高橋とティモンディからコメントが到着。以下に紹介する。

<高橋英樹 コメント>
ティモンディは同じ事務所ですが、彼らはとても“芝居心”があって芝居が好きなんです。私のそばに来ると、芝居の話だけでなく、いろんな話を聞きたがりましたね。好奇心旺盛でとても真面目な印象です。私と一緒にドラマに出演したことに対して、とても喜びを感じていたように思えました。嬉しかったですね。特に高岸くんはNHK大河ドラマにも出演して、時代劇にも興味を持っているのかなと思います。芸人として「お笑い」を原点としていても、やはり“芝居心”というのはとても大事だと思います。いろいろな経験をすることで芸人の仕事にも役立ってくれたらいいなと思っています。

<ティモンディ・高岸宏行 コメント>
現場にいるみなさん全員の作品に対する熱い情熱を全身で感じることができ、いるだけで元気が湧き上がってくるパワースポットと化していました! 多忙なスケジュールの中、英樹さんのほうからロケ現場の土地の歴史などのお話をしてくださったり常に暖かい現場作りをしようとされている姿に改めて器の大きさを感じ、漢・高橋英樹のかっこよさに痺れました!

<ティモンディ・前田裕太 コメント>
ドラマ出演は全然慣れていませんでしたが、本人役だったということもあって、普段通りで良かったのが気楽で楽しく出来ました。また本人役で出られたらいいなと思います。普段から物理的に大きいなと思っていた高橋英樹さんが、現場だと存在感も含めて更に1.5倍ほど大きく見えるくらい頼もしかったです。現場では僕たちに気を使って歴史の話や演技の話などをして楽しく過ごせるようトークを回してくださっていたので、あんな先輩になれたらいいなと思います。

<あらすじ>
定年退職した安治川信繁(高橋)は、再雇用警察官として行方不明者が自発的か否か選別する神奈川県警生活安全部・消息対応室にいる。県警から左遷された室長・芝隆之(石黒賢)、新月良美(本仮屋ユイカ)が在籍。主な仕事は行方不明者リストのデータ化、部屋は元倉庫という地味な部署だ。ある日、横浜東署から厄介な事案が。大学講師・行橋文夫(福士誠治)の行方不明者届が急きょ取り下げられた。

文夫の家は有名な政治家一族。文夫の母・菊江(山下容莉枝)の父は元大臣・太造(勝部演之)、夫・繁夫(金田明夫)も神奈川県議会の議長。文夫の妻・優香里(仁村紗和)も実母が経営していた美容系会社の社長に就任したばかり。しかも文夫が姿を消したのはその就任パーティーの日で……。

画像ギャラリー

PICK UP