錦鯉・長谷川雅紀、有吉弘行から誘導され「ボケるの面倒くさい」と本音を漏らす

公開:
錦鯉・長谷川雅紀、有吉弘行から誘導され「ボケるの面倒くさい」と本音を漏らす
最新エピソードを無料視聴

2月21日に放送されたロンドンブーツ1号2号田村淳田村亮)の冠バラエティ『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)で、錦鯉長谷川雅紀がお笑い芸人にあるまじき本音を吐露した。

スタジオには、企画主旨を聞かされていないウエストランド河本太井口浩之)、錦鯉(長谷川、渡辺隆)、アルコ&ピース平子祐希酒井健太)、オズワルド畠中悠伊藤俊介)、インディアンスきむ田渕章裕)が二手に分かれて着席。「実は相方が答えてました 芸人お悩み相談」という今回の企画が告げられ、ニセ番組企画で先輩に悩みを打ち明ける相方、その相談者が後輩だと思ってアンケートに答えていた相方という“Wドッキリ”が明かされた。

渡辺は、「天然なバカキャラだが、根が真面目なので自分からボケられない」と、相方・長谷川のことを、本人に相談。長谷川は、「普通のことをしゃべったり、思ってることを言ってるだけでも笑いは起こせる。『何、真面目なこと言ってんだよ!』とか『お笑いイチからやり直せ!』とか、ナンボでも言いようがある。ツッコミの腕次第」と、相方の能力を批判した。有吉弘行から「ボケたくないもんね?」と誘い水を向けられると、「そうですよ。面倒くさい、思いつかないから」と芸人にあるまじき本音を口にした。

MCの振り方次第で笑いは生まれると主張する長谷川に、淳は「『3秒後スゴいんですよ』みたいなので大丈夫?」と確認。快諾した長谷川が一発ギャグと思える切り返しをいくつか試すも、スタジオは微妙な空気に。「こういう感じ」と締めると、渡辺は「ダメじゃねぇかよ!」とツッコんだ。長谷川は、最初の一言でウケる予定だったが、ツッコミが入らなかったことがすべった要因と主張。淳が「ツッコミは伸びしろがあるということ?」と渡辺をフォローすると、有吉は「若いしね、まだ」と同意。渡辺は「44(歳)です。今年45なの」と自身を嘲笑した。

次回2月28日は後半戦が放送される。

PICK UP