高橋一生“星太郎”、元カノにフラれた理由を反省「刺さるわ」

公開: 更新:
高橋一生“星太郎”、元カノにフラれた理由を反省「刺さるわ」
「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」を見る

高橋一生橋爪功が出演する土曜ナイトドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第6話が、2月18日に放送。いろいろなことを先送りにしてきた望月星太郎(高橋)の決断に、ネット上では様々な反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

小学校のクラス会で花火を打ち上げた星太郎だったが、同級生たちとは会わずに帰ってしまう。翌日、幼馴染の田中勇人(小久保寿人)から「なんで帰っちゃうんだよ」と責められた星太郎は、逆に「なんで教えてくれなかったんだよ」と問い詰める。クラス会には4年前に別れた元カノの由紀子(安藤聖)も来ており、星太郎は気まずさから顔を合わせることなく帰宅していた。

星太郎は、すでに結婚して妊娠もしているという由紀子に思いを馳せる。そして、なぜ由紀子にフラれたのか、その理由を考えていた。翌朝、父・航(橋爪)の線香をあげにきた由紀子と再会した星太郎は「結婚おめでとう」と言葉をかけることしかできない。

由紀子を見送って食事に戻ろうとする星太郎に、水森ひかり(本田翼)は「食べてる場合かよ! 聞かなくていいんですか? なんでフラれたのか」と発破をかける。しかし、星太郎は「いつか由紀子と結婚するんだろうなと思ってたんだけど、そういう気持ちをちゃんと伝えてこなかった。結婚のことは全部先送りにしてた」と、由紀子にフラれた理由に気づいていた。

幼い頃に出ていった母親とのことも先送りにしていた星太郎は、ひかりに「母親を探そうと思っていて」と打ち明ける。ひかりはそんな星太郎を「はい、先送りはなしです」と優しく見つめていた。

星太郎の反省と決断に、ネット上では「大事なことは先送りにしちゃだめ」「思いは伝えないと」「刺さるわ」などの声が寄せられた。

次回、第7話は2月25日に放送。星太郎は航の残した日記の内容を確かめようとするが、航はなかなか姿を現さない。

なお、現在TVerでは、第1話と第6話の他、第1話~第3話までのダイジェストも配信中だ。

PICK UP