櫻井翔“武蔵”、人質となった妻を守れるのか!?『大病院占拠』スタート

公開:

櫻井翔が主演を務める土曜ドラマ『大病院占拠』(日本テレビ系、1月14日スタート、毎週土曜22:00~)が、1月14日にスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

日本が誇る神奈川県内の総合病院「界星堂病院」が、突如、鬼の面をかぶった武装集団「百鬼夜行」によって占拠された。なぜ病院で? なぜ鬼の扮装で? 武装集団の目的とは一体……。命の現場が極限の緊張感に包まれる中、巻き込まれた一人の捜査官・武蔵三郎(櫻井)が立ち向かい、真実を明らかにしていく完全オリジナルのタイムリミット・バトル・サスペンス。

<第1話あらすじ>
神奈川県警捜査一課の武蔵三郎(櫻井)は、1年前の「ガソリンスタンド立てこもり事件」で人質を守るために犯人の命を奪ってしまった。自分を責める武蔵はそれ以来休職し、妻・裕子(比嘉愛未)、娘・えみり(吉田帆乃華)とも別居。現在も心の傷が癒えないまま、裕子が勤める大病院「界星堂病院」で治療を受け続けている。今日はその診察日だ。

界星堂病院にやってきた武蔵は、心療内科で診察を受ける。ちょうどその頃、一般病棟には院内を視察する知事・長門道江(筒井真理子)の姿があった。心臓外科手術室では裕子がオペの真っ最中。地下駐車場では、人気動画チャンネルを持つ因幡由衣(明日海りお)が何やらスクープを狙っていた。

診察を終えた武蔵は裕子のスマホにメッセージを残そうとするが、なぜか「圏外」。不思議に思いながらトイレに入ると、奥の個室から、かすかな時計の針の音が聞こえ、気になって扉を開ける。

突然の爆発音に院内は騒然。直後、1階の救急入口から鬼の面をかぶった武装集団が次々と院内に侵入! 銃で威嚇射撃を繰り返し、院内は大パニックに。鬼たちは全ての出入り口を閉鎖すると、「たった今、我々はこの病院を占拠しました」と告げる。混乱の中、武蔵は身を隠しながら必死に裕子を探すが……。

事件発生後、神奈川県警は緊急捜査指揮本部を立ち上げる。県警本部長・備前武(渡部篤郎)の命を受け、管理官の和泉さくら(ソニン)を指揮官として、優秀な捜査官たちが集められた。

突如として占拠された大病院。鬼の目的は? 正体は? 武蔵は人質となった妻を守れるのか!? 1秒も油断できないタイムリミット・バトル・サスペンスが幕を開ける――。

画像ギャラリー

PICK UP