学校で連続殺人事件!?瀬戸康史“香月”は被害者が撮っていた写真に違和感を抱き…

公開:

清原果耶が主演を務める日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第3話が、10月30日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、“霊が視える”という能力を持つヒロイン・城塚翡翠(じょうづか・ひすい/清原)が、死者からのヒントを頼りに「霊媒探偵」として難解な事件と向き合っていく物語。霊視には証拠能力がないため、誰からも信じてもらうことができない。では、一体彼女はどんな方法で事件を解決に導いていくのか――?

前回放送の第2話では、推理作家・香月史郎(瀬戸康史)と距離を縮める翡翠の姿に、ネット上では「いい感じの雰囲気」「キュンとします」「バディ最高」といった声があがっていた。

<第3話あらすじ>
千和崎真(小芝風花)と共に香月史郎(瀬戸)のサイン会を訪れた城塚翡翠(清原)は、「学校で起きている連続殺人事件を解決してほしい」と香月に頼む女子高校生・藤間菜月(當真あみ)と出会う。菜月が通う高校では、写真部の女子生徒2人が相次いで絞殺されていた。

香月と捜査一課の刑事・蝦名海斗(須賀健太)と共に現場を回る翡翠。2件目の廃工場の現場で、被害者の霊が突然翡翠に“降霊”する。「先輩……。どうして、こんなこと、を……」そう呟いた翡翠の目には同じ高校の制服を着た女子生徒の姿が。2人の被害者と接点があり、かつ“先輩”であるのは3年生の蓮見綾子(井頭愛海)だけ。さらに、図書委員の藁科琴音(長澤樹)は、被害者の1人が綾子に好意を抱いていたと証言する。しかし、翡翠の“霊視”では綾子から殺人の罪悪感を感じとることはできない。

そんな中、なんと新たな事件が起きてしまう。事件の急展開に警部・鐘場正和(及川光博)と刑事・雨野天子(田中道子)も駆り出される中、深いショックを受ける翡翠と一緒に闘うことを誓う香月。そして、写真部員だった最初の被害者が撮っていた写真に“ある違和感”を抱いた香月の名推理が走り出す。しかし、その間にも、シリアルキラーは次の獲物を狙っていた!

画像ギャラリー

PICK UP