波瑠“小梅”、両親の間にある決定的な問題に気づき…

公開:

波瑠が主演を務め、間宮祥太朗と共演するドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第7話が、8月29日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。第7話には相島一之宮崎美子葉山奨之徳重聡が出演する。

本作は、大手リフォーム会社で営業成績抜群のエースの立場にありながら、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた主人公・真行寺小梅(波瑠)と、「まるふく工務店」の長男で、営業成績0点のバツ2シングルファーザー・福山玄之介(間宮)がバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく“人生再生!リノベーションお仕事ドラマ”。

先週放送された第6話は、玄之介の弟・竜之介(吉野北人)が見せた色気に反響が。ネット上で「キラキラしてた」「本気モード」​​との反応があった。また、小梅の元上司・有川拓(原田泰造)の言動に「恐ろしすぎる」「サイコパス」というコメントが寄せられた。

第7話の舞台は、静岡にある小梅の実家。小梅の父・鳥雄(相島)、母・喜代子(宮崎)、弟・青空(葉山)、さらに地元の住宅メーカー営業担当・磯辺正一(徳重)が登場し、真行寺家の二世帯住宅リノベに挑む。ある日、小梅は、弟の結婚式に出席するため、休暇をとり静岡にある実家に帰省する。小梅の祖父が46年前に建てた真行寺家は、古いが広い庭のある立派な一戸建て。父・鳥雄は、弟・青空の結婚を機に、この家を二世帯住宅に建て替えることを決めたという。しかし、父の計画を聞くうち、小梅は両親の間に、ある大きな問題があることに気付き、その表情はどんどん曇りはじめて……。

相島、宮崎、葉山、徳重のコメントを以下に紹介する。

<相島一之 コメント>
とても面白いドラマだと思いました。成長した娘と父親、長年連れ添った夫婦、それぞれの関係性がよく描かれていて、そこに、家を二世帯住宅に建て替えるという問題が絡んできます。リノベーションを通して、家族間のこんがらがった糸をほぐしていく……その過程がすごく面白かったですね。演じる鳥雄は、ザ・昭和のお父さん。昔の価値観のままでちょっと頑固(笑)。でも、子供たち、家族のことが大好きなんです。ただ、照れもあって、「これを言ったら、大変なことになる!」ということをよく口走ってしまう、そんなタイプです。

撮影では、まるふくのメンバーと撮影できたのが楽しかったですね。エンケン(遠藤憲一)と、こんちゃん(近藤芳正)は、同い年で同級生。長い付き合いなんです。そういう奴らと宴会のシーンがあって楽しかったです。第7話は、リノベお仕事ドラマであり、きちんとしたホームドラマです。見た人全員が自分自身に思い当たる部分がきっとある。僕も幼い頃、家を建て替えると聞いてワクワクした経験がありますが、そういった家にまつわるワクワク感やビフォーアフターも楽しめて、すごくよく出来た物語になっています。

<宮崎美子 コメント>
演じる喜代子は、頭の切り替えの早い、さっぱりした人です。こうだと思ったらすぐに行動も出来る人。小梅の結婚について、もちろん心配はしていますが、そんなに焦っても仕方がない。本人次第と、さっぱり考えている人です。その辺は小梅の性格にも影響しているのかなと思います。舞台となる静岡県富士宮市といえば、焼きそばということで、富士宮焼きそばを振る舞うシーンが出てきます。そのシーンでは、まるふく工務店の皆さんにお会いできてうれしかったです。住まいというのは、その家族の在り方を示しています。小梅が、どんな家、住まい、家族のもとで生まれ育ち、彼女がどう形成されていったのかが、分かる回になっています。お楽しみに。

<葉山奨之 コメント>
僕も物件に興味があるので、リノベによって住まいが生まれ変わる、その想像をしながら台本を読むという、この作品でしか出来ない楽しみ方であっという間に読み終えました。なにより波瑠さんはじめ、魔法のリノベチームが1話から創り上げてきた世界に、大好きなヨーロッパ企画・上田(誠)さんの脚本、以前ご一緒した瑠東(東一郎)監督の世界観に僕も参加できるんだ! と、楽しみでした。撮影の空き時間、ちょうど小腹が空いて来た時間帯でなにか甘いモノでも食べたいなと思っていたタイミングで、お母さん役の宮崎美子さんより「プリン」の差し入れを頂きました。まるで、本当のお母さんの様に、僕の表情と心の気持ちを読み取ってくれたんだ! と思いうれしくなりました(笑)。プリンのおかげでその後、家族のシーンを元気に、リラックスして挑めたと思います! 宮崎美子さんありがとうございました! 第7話は、ズバリ、家族がテーマです! この1話にたくさんの感情がつまっていて、特に家族と“富士宮焼きそば”を大切にしようと思える話になっています! ぜひ、家族皆さんで見ていただけたらうれしいです!

<徳重聡 コメント>
自分自身もキッチンをリノベーションして、リビングの空間を広くした経験があるのですが、コストも安く、幸せな自分たちの空間を作ることができてとてもうれしく思いました。私が演じる地元の住宅メーカー営業の磯辺は、すごく人柄の良いおじさまです。第7話の見どころは、“親子ゲンカ”。特に、父親とのやり取りで強気に発言する波瑠さんの役どころなど、新鮮で面白いと思います。そして徳重演じる磯辺は、それをフォローして右往左往しております。ぜひご覧ください。

<第7話あらすじ>
弟・真行寺青空(葉山)の結婚式に出席するため、3年ぶりに静岡の実家に帰った真行寺小梅(波瑠)は、両親から、弟夫婦と暮らすために家を二世帯住宅に建て替えると打ち明けられる。しかしよく聞くと、新居には父・鳥雄(相島)の夢と希望こそ詰まっているものの、母・喜代子(宮崎)の居場所が見当たらない。妻への配慮に欠けた鳥雄の言動に不安を覚えた小梅は、急きょ休みを延長して、住宅メーカーの担当者・磯辺正一(徳重)との打ち合わせに立ち会うことにする。

案の定、提案された3階建てのプランは家事動線があまりに悪く、小梅は両親の間にある決定的な問題に気づいてしまう。危機感を募らせる小梅は、隠居生活の醍醐味とばかりに家の中でふんぞり返っている鳥雄に次々と物申すが、一方の喜代子は気遣い不要と、あくまで夫の言うことに従うつもりらしい。鳥雄との仲がこじれ、悩んだ小梅がふと「玄之介(間宮)さんがいたら……」と思いをはせると、そこへ突然、竜之介(吉野)が現れる。急きょ休みをとったという竜之介は、驚く小梅をよそに、まんまと真行寺家に上がり込み、小梅の外堀を埋めるかのように、鳥雄と喜代子に猛アピールを始める。

翌日、青空と妻の樹(田中真琴)も同席するなか、磯辺が再びプランを持ってやって来る。すると、意外な人物がそのプランに断固反対の意思を見せ、さらに、新居が3階建てになった思わぬ理由も明らかになる。同じ頃、グローバルステラDホームでは有川拓(原田)が久保寺彰(金子大地)ら円卓の部下団を招集し、ある壮大な計画を発表する。さらに久保寺には、計画遂行を阻む人物への接触を命じる。

画像ギャラリー

PICK UP