HYBE LABELS JAPANのオーディション番組メンバーが来日会見!

HYBE LABELS JAPANのオーディション番組メンバーが来日会見!

日本を皮切りにグローバルを舞台に活躍するアーティストを生み出す超大型プロジェクト『HYBE LABELS JAPANグローバルデビュープロジェクト』のオーディション参加者が7月4日、初来日し記者会見を行った。

HYBE LABELS JAPANの同プロジェクト第1弾となるオーディション番組『&AUDITION - The Howling -』は7月9日(土)13時30分よりオンライン動画配信サー ビス「Hulu」で配信。また、応援番組『&AUDITION-LIVE-』(7月13日、24:59〜)が日本テレビで放送される。会見にはデビューがすでに発表されているK、NICHOLAS、EJ、TAKIの4人と、練習生のFUMA、HAYATE、JUNWON、YUMA、GAKU、JO、HKARU、HARUA、MAKI、MINHYUNG、YEJUNが登壇。放送開始に先駆けて配信されるシグナルソングである「The Final Countdown」のMVや、『&AUDITION - The Howling -』の第1話のダイジェスト映像も紹介された。

Kが「今日はメンバーそれぞれの魅力をお披露目するいい機会になれば」と笑顔でコメントすると、グループで作ったという「&ポーズ」を披露。続けて「歌とダンスでこのチームを引っ張ることが役割なのと、最近は作詞作曲にも力を入れています。15人全員で協力して切磋琢磨する未完成の僕らの成長過程をぜひ見守っていただけたら。15人で泣きながら笑いながらチームを作る姿を楽しんでください」と呼びかけた。

TAKIはこの日公開されたシグナルソングについて、「この曲は第1話でも披露するんですが、見どころは、曲の最後に、練習生1人からもらったパスを僕らデビュー組4人が受け取って、最後に15人でひとつのポーズを作るところです」と説明。メンバーとの絆の深さについても「15人で毎日一緒に練習していますし、一緒にいる時間も長い。大家族のような感じ。年齢とか性格は様々ですけど、みんなで一つの大きな目標を共有するので、絆は深いと思います。誰かが違う練習に行くと、寂しくなって、早く会いたいなって思ったりもします」と明かし、「一人ひとりの魅力、そしてチームの団結力を、みなさんにもぜひ見ていただけたら」とアピールした。

また、今回は久々の日本帰国となり、「3年ほど向こう(韓国)にいたので、身長が10cm以上伸びていて、母が声も出ないくらいに驚いていました」と笑顔で明かしていた。

画像ギャラリー

PICK UP