木村拓哉“桐沢”が驚愕…恋の四角関係がまさかの結末で「意外すぎた」

公開:
木村拓哉“桐沢”が驚愕…恋の四角関係がまさかの結末で「意外すぎた」
「未来への10カウント」を見る

木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第6話が、5月19日に放送。ネット上では、木村演じる桐沢祥吾含む、四角関係の新たな展開と結末に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、これまでに『HERO』『CHANGE』(ともにフジテレビ系)で木村とタッグを組んだ福田靖のオリジナル脚本。生きる希望を完全喪失している男・桐沢が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く。

ピザのデリバリーで対応した客の女性が、亡くなった妻・史織(波瑠)​​にそっくりだった。桐沢は、あまりの衝撃に言葉を失う。​​一方、ひそかに彼に思いを寄せる折原葵(満島ひかり)にも複雑な出来事が。ひょんなことから桐沢に息子を預かってもらい、自宅まで迎えに行ったところ、史織の写真を見てしまったのだ。

ある日、甲斐誠一郎(安田顕)も参加したパンチを当てないマスボクシングの練習中、西条桃介(村上虹郎)​​のパンチが、友部陸(佐久本宝)​​の目に当たってしまい病院へ。そこで受付をしていたのが、史織そっくりなあの女性だった。帯同していた桐沢、甲斐、そして葵も驚きを隠せない。

甲斐は「桐沢が動揺していることに(葵も)動揺していた……」と彼女が桐沢に気があることを確信。フラれる前に恋が終わってしまった、とショックで落ち込む。

そんな中、校長の大場麻琴(内田有紀)が勝手に京明高校との練習試合をとりつけてきた。桐沢は前向きに取り組もうとするが、部員たちは後ろ向き。そこで、桐沢は経験者の西条とスパーリングを行うと、2分を待たずに圧勝。他の部員たちが強いと思っている西条も同じ高校生で、練習すれば彼みたいになれる。そうすれば京明も怖くない、と伝え「最初から諦めてんじゃねぇよ。自分で勝手に限界を作るな!」と部員たちにぶつけた。

史織の墓参りで彼女の兄・井村和樹​​(石黒賢)と再会した桐沢。そこで、史織​​と似た女性に出会ったことを報告。そんな出会いがあったからこそ、史織​​が天国へ行ったことを認めなくてはいけない、と思うようになったと語った。

その後、甲斐は葵に、史織似の女性・佐久間美鈴(波瑠)​​に再会したことを伝えた。桐沢も史織のことはいい思い出になっているので気にすることはない、と自身の気持ちとは裏腹に、彼女の恋をサポートするような行動をとってしまう。同じころ、桐沢はデリバリーで再び美鈴​​のもとへ。彼女が結婚していることが分かり、さらに気持ちを切り替える。

ネット上では、恋の四角関係の結末に「意外すぎた」「先に進める」とのコメントが。また、部員を鼓舞する桐沢には「説得力ある」「響く」との声があった。

次回は5月26日に放送。ボクシング部は期間未定の活動停止を言い渡されてしまう。

PICK UP