平手友梨奈、新木優子とダブルヒロイン役で『六本木クラス』出演

平手友梨奈、新木優子とダブルヒロイン役で『六本木クラス』出演

平手友梨奈が、竹内涼真主演の木曜ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系、7月スタート、毎週木曜21:00~)に出演することがわかった。

絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を、下剋上を主軸にラブストーリー、そして青春群像劇を交錯しながら描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』。息をもつかせぬスピーディかつ胸アツな展開で2020年1月から3月に韓国で放送されると大ヒット、2020年3月よりNetflixで配信されると日本でも社会現象を巻き起こすほどの大ブームを起こしたこの話題作を、2022年7月に日韓共同プロジェクトとしてテレビ朝日がリメイク。

宮部新を演じる主演・竹内涼真に続き、新の初恋の人で敵対する長屋ホールディングスに勤める楠木優香役に新木優子が決定したことが発表され、豪華キャスティングに作品へのさらなる期待が高まる中、新木と並び、ダブルヒロインのもう一人として、新に恋心を抱きながら、新が営む居酒屋「二代目 みやべ」を大きく成長させていくマネージャー・麻宮葵役で平手が出演することが決定した。

葵はクールで自己中な性格でありながら、IQ162の天才的頭脳を持つ人気インフルエンサーという個性際立つ難役。実は、原作者のチョ・グァンジンがリモート会議で番組プロデューサーに「映画『響-HIBIKI-』(2018年)を見たんですが、主演の平手友梨奈さんが素晴らしかった。彼女は原作の葵にピッタリです」と推薦してきたといい、偶然にも、平手とすでに出演交渉中だった番組プロデューサーは非常に驚いたそう。

2020年1月まで欅坂46として活躍していた平手は、歌やダンスでもその高い表現力が話題となっていたが、近年はドラマや映画でその圧倒的な演技力と存在感で見る者を引きつけている。前述の『響 -HIBIKI-』では映画初主演にして「第42回日本アカデミー賞新人俳優賞」などの賞を受賞し、他にも『さんかく窓の外側は夜』『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(共に2021年)、『ドラゴン桜 第2シーズン』(2021年)などのドラマでの活躍にも多くの注目が集まった。

『梨泰院クラス』では、主人公のセロイを巡る、対照的なダブルヒロインとの三角関係が「あなたはスア派? イソ派?」という論争を巻き起こすほど話題に。『六本木クラス』でも「あなたは優香派? 葵派?」という論争が再燃することは必至!? 平手の新境地となる葵役で、どんな姿を披露してくれるのか注目だ。

主演の竹内、葵役の平手からコメントが到着。以下に紹介する。

<竹内涼真 コメント>
平手さんがかつて欅坂46のグループで活動していた時に、『NHK紅白歌合戦』で彼女がセンターで思いっきりパフォーマンスされている姿を僕は見ていたんですが、それが今でも頭から離れなくて! あまりの素晴らしさに思わず拍手してしまいました。「すごい子だな」って思いました。実際にお会いすると、とてもシャイな印象で、「僕から話しかけてみよう!」って思いますし、平手さんとこれからいろいろ話をするのが楽しみです。撮影が始まると役を通して関係を築いていくのですが、それは例えば学校で新学期が始まって時間をかけて打ち解けていくのを短期間にぎゅっとした感じで、お芝居をすると何時間分もの濃密な時間を過ごした関係になるんです。そこが僕らの仕事の面白いところで。だから絶対にいい仲間になれると思っています!

<平手友梨奈 コメント>
今作に限らずですが、お話を頂いた時は驚きとプレッシャーをすごく感じました。まさか原作者さんから直々にお言葉をいただけるとは思ってもいなかったので、正直驚きました。私は、原作がある作品だと、「どうだったかな?」「どう思っているかな?」と原作者さんをすごく気にしてしまうので、お言葉をいただけてとてもありがたかったです。もともと『梨泰院クラス』は人に勧められて見させていただいていました。次の展開がすごく気になるストーリーで、「早く次が見たい!」という気持ちで一気見してしまいました。

私が演じる麻宮葵という役は、見る人によってそれぞれの捉え方があるキャラクターだなとは思いますが、自分的にはストーリーを通して最初に感じたのは可愛らしい、どこか憎めない女の子だなという印象です。社長(=新)のためを想ってひたむきに頑張る姿や、思いが届かなくても伝えようとする姿が、カッコイイし、強いし、どこか可愛らしいなと思います。撮影はこれからですが、実際に現場に入ってそこで生まれるものを大切にして演じていきたいなと思います。

リメイク作品なので、もとの作品を見ていらっしゃる方も、初めて見る方もいらっしゃると思いますが、皆さんに「次はどうなるんだろう?」というワクワク感を持っていただけるような作品が届けられたらいいなと思っています。