向井理“ドS官能小説家”×北村有起哉“ドM漫画家”、共通の趣味で距離感が…

公開:

向井理北村有起哉が出演するドラマ25『先生のおとりよせ』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)が、4月8日から放送スタート。

同ドラマは、2013年から2018年までpixivコミックで連載された中村明日美子(漫画家)・榎田ユウリ(小説家)による「先生のおとりよせ」(クロフネコミックス/リブレ刊)が原作。実在する「おとりよせグルメ」を軸に、漫画と小説のリレー形式で紡がれる作品を数々のグルメドラマを生み出してきたテレビ東京が、連続ドラマ化。主演の向井は、ドSで不愛想な官能小説家・榎村遥華役を演じる。北村は、小説家の榎村とタッグを組んでコラボ作品を執筆することになる、明るくフェミニンでドМな美少女漫画家・中田みるく役を演じる。

出会う前からお互いの作品のファンであったが、実際に会ってみると想像とは違うルックス・性格にショックを受ける二人……そんな彼らは、唯一「おとりよせ」の趣味が合うという共通点から徐々に心を開いていき……というストーリー。

全国津々浦々の「おとりよせ」の品々と、美味しいものには飽くなき探求心を見せるイケメンおじさん作家ふたりの、笑えて時にはグッとくる新感覚コメディ×グルメドラマが誕生。作家二人の色気がほとばしる実食ショットも見どころだ。

放送を前に、向井と北村からコメントが到着。以下に紹介する。

<榎村遥華役:向井理コメント>
――『先生のおとりよせ』テレビドラマ化のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。

テレビ東京さんらしい、ゆるくも攻めた作品になりそうだと楽しみになりました。今の時代を反映する「おとりよせ」をまた違う角度から楽しんでもらえるのではないかと思います。

――ご自身の役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

おとりよせ愛に溢れたキャラクターなので、役自身の思いに負けないよう情熱を持って演じたいと思います。ただ、実際に素晴らしいおとりよせ品をいただけるとのことなので、台本を読んでいるだけでニヤけています。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いいたします。

深夜の時間帯ではありますが、素晴らしいおとりよせが沢山出てきます。それをつまみに飲むもよし。おとりよせに一喜一憂する出演者達を、肩の力を抜いて笑って見ていただけたら幸いです。

<中田みるく役:北村有起哉コメント>
――『先生のおとりよせ』テレビドラマ化のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。

小説家と漫画家の二人の関係が面白くて、色々な芝居が楽しめそうです。そして美味しいものがいっぱい食べられそうなので、この話をいただいた時はまさに生唾を飲むような気分になってしまいました。

――ご自身の役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

フェミニン男子という設定なんですが……、そこのさじ加減が難しそうです。漫画原作をドラマでそのまんまマンガのように安易に演じないように、実写でできることを模索してます。相手役の向井くんや監督と相談しながら自然と役が浮き上がってくれたらなと。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いいたします。

水と油の関係の二人の先生の丁々発止をお楽しみください。そして毎週深夜にオススメのおとりよせを食べさせてもらいますけども、テレビの向こうの皆さんを羨ましく思わせてしまうことを心苦しく思いながら、ありがたく存分に味わいたいと思います。

PICK UP