浜辺美波“白夜”、柄本佑“将貴”らと悪夢のWデート!?「気になる」

浜辺美波“白夜”、柄本佑“将貴”らと悪夢のWデート!?「気になる」

浜辺美波が主演を務めるドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系)の特別編が、3月28日に放送。ネット上では、​​​雪村白夜(浜辺)と狩岡将貴(柄本佑)の関係や、「その後の話」が示唆されたことから注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

本ドラマは『金田一少年の事件簿』をはじめ、あまたのヒットドラマの原作を手掛けた樹林伸氏の小説が原作。豊富な医療知識がある正体不明の女性・白夜が、医師たちの診断を「それ、誤診です!!」と覆して患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマ。​​

医師になることを夢見て、大学共通テストに挑むことになった白夜。前日にテストを控えているものの、成績は散々。ストレスから腹痛を起こす彼女を、CDTチームでバックアップすることになった。理数系は得意だが「春はあけぼの夏はプール」といったように古文のほか日本史などが苦手。白夜は廊下を歩きながら下二段活用​​の「え、え、う、うる、うれ、えよ」と反復練習をして暗記した。

そんな中、晴汝(岡崎紗絵)​​が心臓の痛みを訴える奥村淳平​​(Kis-My-Ft2宮田俊哉)を連れてやってきた。佐久間新平(高橋文哉)が対応していると、将貴の姿が。晴汝たちは、将貴に付き合っていることを言えずじまい。2人が気まずそうにしていると、白夜が「2人は真剣交際です。ラブです」と割って入った。

淳平が検査を受けている最中、晴汝​​は改めて兄に交際を報告。勉強のやる気が出ない白夜には、とちおとめを買ってあげることを条件に尻を叩いた。ふと「分かりません。なぜみなさんそんなに力を隠してくれるのですか?」とこぼす白夜。メンバーから、これまで助けてもらったことへの恩返しだと返されると「ひょっとしてこれは愛ですか?」と問うた。

将貴は白夜にお守りをプレゼント。エールを送ったあと「受験が終わったら、君に伝えたいことがあるから」と語ると、白夜も「私も聞きたいことがあります」と返した。

ネット上では、白夜のキャラクターに「癒された」「(下二段活用が)夢に出そう」との声が。ドラマ終了間際に白夜と将貴、晴汝​​と淳平​​の“悪夢のWデート”が示唆されたことから「気になる」「見たい!」​​とのコメントがあった。

画像ギャラリー

PICK UP