なにわ男子・藤原丈一郎の告白にめるるが「最低!」とショック

なにわ男子・藤原丈一郎の告白にめるるが「最低!」とショック

3月25日に放送された『笑いの学校』(日本テレビ系)に、なにわ男子大橋和也藤原丈一郎が出演。藤原は、櫻井翔が2回も引いた出来事を明かした。

舞台は、笑いを学ぶ学校。生徒役として霜降り明星粗品せいや)、見取り図盛山晋太郎リリー)、“めるる”こと生見愛瑠ヒコロヒーが着席するなか、大橋と藤原は“体験入学”として入室。藤原が「なにわ男子高校から来ました藤原丈一郎です」と自己紹介すると、粗品が「ほんとは違うでしょ。笑いの学校ですからね」と先制パンチ。「なにわ女子高校から来ました櫻井翔です」と言い直し、「さっきこの格好で会ったら、櫻井くんが2回引きました」と笑わせた。

続く大橋は、「プリン食べすぎて、お尻プリンプリン」とおなじみの前口上。盛山が「真正面全力ギャグ」と称え、せいやが「コロコロコミックのギャグや」と続けると、藤原が何やらメモを……。「さすが『M-1』王者は違う。コロコロコミックのギャグやって素晴らしい」と笑いにストイックな姿勢を見せ、「真正面どうのこうの。昨年『M-1』敗者復活4位」と盛山をイジることも忘れなかった。

この日は、社会の先生として陣内智則が登場。令和元年から3年間で起こった事柄から出題し、生徒たちは解答で笑わせる。「2050年のキラキラネームは?」「『うっせぇわ』なエピソード」などの問題にそれぞれ解答していき、最終的に選ばれた「本日の優等生」は、意外なあの生徒。陣内は「食らいついてきた」と選考理由を口にした。

放課後は、“クラスのマドンナ”めるるを相手に「告白選手権」。藤原が「みちょぱ(池田美優)さんと(藤田)ニコルさんの次に好きです」と右手を出すと、めるるは「最低!」と当然の反応。「でも、ギャルランキングでは銅メダルです」と続け、墓穴を掘った。それを聞いていた大橋は、「メルヘンチックにいかないとダメですよね」と期待させ、「生まれた瞬間からめるるって名前しか愛さないと決めてました」とキザ台詞。ところが、大橋はその後にまさかのリアクションをして見せ……。

次回は4月1日に放送。国語をIKKO、体育をDJ KOOが担当し、JO1佐藤景瑚與那城奨が出演する。

PICK UP