“速読脳トレ”でプレーの質が向上!サッカー強豪校も導入した画期的なトレーニング法

“速読脳トレ”でプレーの質が向上!サッカー強豪校も導入した画期的なトレーニング法

3月26日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)は、大阪の強豪・興國高校も導入している“速読脳トレ”を特集。脳を活性化させ、プレーの質を向上させるトレーニング法の秘密に迫る。

セルティックFCの古橋亨梧を筆頭に、10年間で24人のJリーガーを輩出している興國高校が画期的なトレーニング法を取り入れたと話題になっているという。選手たちが行っているのは、なんと速読。内野智章監督は「今まで経験したことがない伸び幅」と語り、選手たちも「判断が速くなった」と証言する。一見、サッカーとは無関係にも思えるが、この速読が選手たちのプレーに大きな効果をもたらしていた。

日本代表の柴崎岳をはじめ、野球選手や格闘家など、これまで数多くのアスリートを指導してきた速読脳トレコンサルタントの呉真由美をスタジオに招き、“速読脳トレ”の効果についてMCの勝村政信や解説の都並敏史らとトークを繰り広げる。「速読によって脳がバージョンアップする」と話す呉が、そのメカニズムを解説。アスリートのパフォーマンスが向上する科学的な理由とは?

また、スタジオでは呉の指導のもと、勝村と都並と片渕茜アナウンサーの3人が“速読脳トレ”を体験。目のストレッチから、視野を広げるトレーニングまで、誰でも簡単に実践できる方法を紹介していく。

画像ギャラリー