<ネタバレ>池内博之“岡野”、板垣李光人“千秋”に八つ当たり「嫉妬で歪んだ顔も渋い」

橘千秋(板垣李光人)
最新エピソードを無料視聴
橘千秋(板垣李光人)

山口紗弥加が主演を務めるドラマ『シジュウカラ』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第10話が、3月11日に放送。SNS上では池内博之演じる忍の恋人・岡野克巳の嫉妬する姿が話題となっていた。

同ドラマは坂井恵理による人気コミックを原作としたサスペンスラブストーリー。

元・アシスタントの橘千秋(板垣李光人)が、綿貫忍(山口)に5年間心に溜めていた思いを打ち明けていると、千秋に同居人・紺野みひろ(山口まゆ)から着信が。駆け付けると千秋を見たみひろはパニックになり罵り始め、一緒に来ていた忍はそれを見かねて、一時みひろを自分の家で預かることに。しばらくすると、みひろは忍に慣れた様子を見せはじめた。そんなある日、忍は突然連載打ち切りの宣告をされてしまう。ショックを隠し切れないものの、意外にもみひろが自分の癒しになっていることに気が付いた。

一方で千秋は、母・冬子(酒井若菜)に手を焼いていた。千秋が離れていくのを恐れてか、冬子は次々と問題行動を起こし、「あんたのこと信じてるからね」といい千秋を縛りつける。そんな状況の千秋にとっては、忍を近くに感じられる場所にいることだけが唯一の救いとなっていた。

そして、岡野(池内)は、忍と千秋のあいだに目に見えない絆を感じ、心の内は焦りと不信感でいっぱいになっていた。岡野は、編集者の立場を使って、千秋に容赦なく八つ当たりする。

それからほどなくして、岡野は忍の家を訪れた。千秋のネームを「相手に理想の母親像を描いているだけ。それを恋愛と錯覚している」と言い切ると、忍に「どう思った?」と尋ねる。忍は「私も同じ……そう思った」と答えたが、岡野は「ほんとに?」と、明らかに疑っている様子。しかし「でもさ、それでもいいよ」とため息をつくと「俺たち結婚しない?」といい……。

SNS上では、焦りと嫉妬に溢れる岡野に対し「気持ちわかるけど大人気ないw」「イケオジでも嫉妬するんだな」「嫉妬で歪んだ顔も渋いから許す」と言ったコメントが見られた。

次回第11話は、3月18日に放送。忍は千秋に今まで言葉にしてこなかった気持ちを打ち明ける。

画像ギャラリー

PICK UP