中川家が大阪・新世界を舞台に新たな「ありガチ」ネタを発掘!

公開:

3月12日(土)10時30分から放送される特番『中川家とありガチ勢』(読売テレビ)では、中川家が大食い女王・ギャル曽根ともにTHE・大阪があふれる街・新世界の名所・新スポットを巡り、実力派芸人たちが新たな「ありガチ」ネタをプレゼン。礼二が「ありガチ」か「ありガチじゃない」かを判定していく。

驚異の観察力でこれまで様々な日常の「ありがち」を切り取り、笑いに変えてきた中川家。誰もが認める吉本の看板漫才師も今年で芸歴30年。この節目の年に、原点回帰をはかるべく、大阪人のすべてを濃縮したような街・新世界で大暴れ! 笑い飯おいでやす小田ゆりやんレトリィバァ藤崎マーケットといった形態模写・あるあるネタに定評のある実力者とともに新世界の名所・新スポットを巡りつつ、新しくそしてガチな「ありガチ」ネタをザクザク発掘していく。

まず3人が訪れたのは、幅11mを誇る日本最大の射的場がある「大衆娯楽遊技場 秘宝館本店」。さっそく中川家が「弾が当たったのに落ちないことにしつこく文句をいうおっさん」「銃を人に向けてちょけるおっさん」など、射的での「ありがち」ネタを続々披露。そこに笑い飯、小田、ゆりやんが合流。ともに新たな「ありガチ」ネタを探していく。「ボール投げでの小学生の投げ方ありガチ」や、かたぬきを使った小田とゆりやんによる合作の「イカゲームありガチ」など爆笑ネタが繰り広げられる。

続いて中川家たちが訪れたのはいまどきのZ世代に人気だというホステル「THE PAX HOSTEL」。2・3階が宿になっており、1階にはオシャレなカフェが。そこにあったアコースティックギターをが手に取り演奏し始めると、礼二もソウルフルな歌声で即興のブルースを歌い上げ、いかにも新世界の小規模ライブでありそうな雰囲気に。ここでは藤崎マーケットと天才ピアニストが参加し、「吉本新喜劇の冒頭ありガチ」など、クオリティの高いネタが続々生まれる。

ほか、俳優・菅田将暉が愛用しているというブランドの洋服店にも訪問。こちらには先日東京進出を発表したエルフと、ちゃらんぽらん冨好という謎タッグが参戦。オシャレなアイテムを使ったモノボケで、若手ギャルとリアルおっさんの間で不思議な化学反応が起きはじめる。

最終的には礼二の独断で「M・V・A・G(モスト・バリアブル・あり・ガチ)」を決定。果たしてどのネタが受賞するのか?

画像ギャラリー

PICK UP