<ネタバレ>安藤政信​​​​“仁和”、​​​​​​​​​​黒木華“凛々子​​”を利用したのか「最終話が気になる」

<ネタバレ>安藤政信​​​​“仁和”、​​​​​​​​​​黒木華“凛々子​​”を利用したのか「最終話が気になる」

黒木華が主演を務める『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第10話が、3月10日に放送。ネット上では、向井未央(生田絵梨花)が見せた表情に「表現力すごい​​」との声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、大手出版社・クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の編集部員を主人公に、そこで働く者たちの仕事・生き方・恋愛を通して、新時代の“人と人とのつながり”を描く、完全オリジナルの社会派“風”お仕事エンターテインメント。

仁和正樹(安藤政信)から呼び出された瀬古凛々子(黒木)​​。彼から取材ネタを提供してもらうことに。

永鳥社の新人文学賞が先日発表。大賞を受賞したのは、元タレントの安藤トモだが、出来レースだという噂が。大賞を決める際に、彼女が所属する芸能事務所社長・阿万野久二夫(津村和幸)​​から選考委員長で作家の結城玄(河野達郎)​​に賄賂がわたった可能性があるらしいのだ。そして今回はネタがもう一つ。IT企業インターネオの社員が、OB訪問した就活生に詐欺を行ったという疑惑だった。

取材を行う中で、結城の妻・美波(鈴木砂羽)​が、目が見えなくなってきていた結城の代わりにゴーストライターをしていたこと、それを知った阿万野​​から脅される形で新人賞を選んだことを突き止めた。そして彼女が仁和の元妻であることも……。

もう一つ追っていた就活詐欺のネタについて。下馬蹴人(野村周平)や一本真琴(石井杏奈)らがアップ寸前までこぎつけていたが、仁和から「その件は忘れてくれ」と言われてしまう。

やりきれない気持ちでいっぱいのスタッフたち。真琴が取材に協力してくれた就活生に謝罪の電話をすると「別件で相談したいことがあって」との返答が。電話をしていた大学生の近くには、悲しげな表情をした未央がいた。

そんな中、編集部に一報が飛び込む。インターネオがクスノキ出版を吸収合併するというものだった。永鳥社も合併候補にあったが「カンフルNEWS」の記事で頓挫。ということは、就活詐欺ネタを追わせたのはインターネオとの合併協議を有利に進めるため? 編集部は、仁和が自分たちの会社のために、凛々子を利用したと推測して……。

ネット上では、数秒ながらインパクトを残した未央​​のシーンに「表現力がすごい」との声が。仁和は本当に凛々子を利用しただけなのか「最終話が気になる」との反応があった。

3月17日に放送される最終話では、真琴が就職活動中にクスノキ出版営業部の社員から、ある被害を受けたという未央に出会う。

画像ギャラリー

PICK UP