田中哲司“河村”の行動に違和感?

田中哲司“河村”の行動に違和感?

西島秀俊が主演を務める『真犯人フラグ 真相編』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第19話が、3月6日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、企画・原案の秋元康と『あなたの番です』制作スタッフが手掛ける完全オリジナル新作ミステリー。

前回第18話では、橘一星(佐野勇斗)が相良光莉(原菜乃華)の失踪事件の真相や、本木陽香(生駒里奈)​​と協力関係にあることを相良凌介(西島)らに告白し逮捕された。凌介の反感を買うような言動を繰り返していく一星の豹変ぶりに、ネット上では、「何かの間違いであって」「衝撃でした」といった声があがっていた。

<第19話あらすじ>
相良凌介(西島)は河村俊夫(田中哲司)から、二宮瑞穂(芳根京子)が相良真帆(宮沢りえ)と一緒に占いに行っていたことを聞かされる。河村の情報では、瑞穂は3年ほど前に、真帆が勤めるスーパーの常連客だったという。瑞穂が隠していた真帆との仲。2人の接近は、ただの偶然だったのか、それとも……? 凌介が確かめようとするも、誰も瑞穂と連絡が取れない。

そんな中、あるSNSが投稿される。真犯人が書いたもののようで、それについて1人で調べているという河村。両角猛(長田成哉)は、さすがに河村の様子がおかしいと感じていた。

橘すみれ(須藤理彩)を心配する相良光莉(原)と金城三伸(青木瞭)は、定食屋を訪ねる。すみれは、橘一星(佐野)が罪を犯したことを受け入れなければならないと苦しんでいた。そこへぷろびん(柄本時生)が突撃し、ある違和感に気づいた光莉。凌介とともに一星と直接話をさせてほしいと阿久津浩二(渋川清彦)にかけ合う。取調べをのらりくらりとかわし、核心を話さない一星だが……。

一方、凌介は追い詰められた菱田朋子(桜井ユキ)を説き伏せ、朋子はようやく真実を話し始める。朋子と息子・清明(桑名愛斗)、そして山田元哉(柿澤勇人)は、一体何を隠していたのか? 事件当日、バタコ(木幡由実/香里奈)はどのように誘拐を実行したのか? そのすべてが明らかになる。

いよいよ、事件を操ってきた“真犯人”の影が浮き彫りに……それは、一体誰なのか!?

画像ギャラリー

PICK UP