山田杏奈&作間龍斗&芋生悠出演『ひらいて』が国内最速配信中!

山田杏奈&作間龍斗&芋生悠出演『ひらいて』が国内最速配信中!

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、山田杏奈主演・首藤凜監督の最新作『ひらいて』が、DVDセル/レンタルや、レンタルを含む他配信サービスに先立ち、劇場公開からわずか6か月で、3月1日より国内最速配信されている。

原作は芥川賞受賞作家・綿矢りさが描く同名小説。“好きな人の好きな人”をロックオンする大胆不敵さ、「誰にも言いたくない本音」を行動に移してしまう主人公に不思議な共感性をもって熱狂的に受け入れられた。

『また一緒に寝ようね』で、『ぴあフィルムフェスティバル2016』映画ファン賞・審査員特別賞を受賞、オムニバス映画『21世紀の女の子』でも注目を集めた若干26歳・新進気鋭の若手監督・首藤によって映像化された本作。首藤監督は「この映画を撮るために監督になった」というほど思い入れがあるといい、10年越しに映画化となった。

本作は、屈折した女子高生の恋心を描いた、青春恋愛ジャンルに留まらない、新感覚の愛憎エンターテイメントとなっており、いびつで繊細な恋を、山田、作間龍斗HiHi JetsジャニーズJr.)、芋生悠の3人が体当たりで演じ切る様子は必見。

また、主題歌を大森靖子が書き下ろし、さらには山田がほかの女子生徒らと踊るアイドルソングとして映画の冒頭から流れる劇中歌「夕立ダダダダダッ」が、公開前から様々な憶測を呼ぶなど、話題満載となっている。

<山田杏奈 コメント>
「TELASA」にて配信が開始されるということで、これから初めて見る方に愛という人物がどう受け入れられるのかわくわくしています。一筋縄ではいかない3人の歪な関係を存分に楽しんで頂けると嬉しいです。そしてもう劇場で見ていただいた方たちもどうぞ何度も見ていただけたら。ヒリヒリした感覚をもう一度味わってお気に入りのシーンを見つけてみてください!

<首藤凜監督 コメント>
17歳の冬に出会った、綿矢りささんの「ひらいて」。この小説を読んで知った、いつか自分も誰かに受け入れられるだろうという予感が、今日まで生きてこられた理由の一つです。 欲望のままに恋をする主人公を好きになったり、嫌いになったりしながら、大切に映した季節を楽しんでいただければ、とても嬉しいです。

<3週連続豪華プレゼントキャンペーン>
【第1弾】
・劇中で実際に使用された「賞状」:1名様
・応募期間:3月4日(金)〜3月10日(木)

【第2弾】
・山田杏奈、芋生悠 サイン入りチェキ:1名様
・応募期間:3月11日(金)〜3月17日(木)

【第3弾】
・山田杏奈、芋生悠 サイン入りポスター:1名様
・応募期間:3月18日(金)〜3月24日(木)

※プレゼントキャンペーンは公式Twitterから
プレゼントキャンペーンは全て「TELASA」の公式Twitterのフォロー&リツイートにて実施。詳細は公式Twitterから応募規約をご確認ください。

画像ギャラリー