<ネタバレ>清原果耶“花枝”&間宮祥太朗“芦田”、ファミレスキスに「かわいすぎる」

公開: 更新:

清原果耶が主演を務める火曜ドラマ『ファイトソング』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第8話が、3月1日に放送。木皿花枝(清原)と芦田春樹(間宮祥太朗)ファミレスの机を挟んだキスシーンが、SNS上で「かわいすぎる」と話題になった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は岡田惠和のオリジナル脚本。夢破れたスポ根ヒロイン・花枝(清原)、一発屋ミュージシャン・芦田(間宮)、万年片思いの一途な幼馴染・夏川慎吾(菊池風磨Sexy Zone)という、不器用な3人のじれったくて切ない恋と成長の物語を描く。

花枝の手術の日が近づいてきていた。それは芦田との「恋の取り組み」の終わりも近づいてきているということを意味している。手術については知らされていない芦田もそれを感じており、ある夜、突然花枝に電話し「会いたい」とお願い。ファミレスで合流し、花枝から「そろそろ取り組みは終わってしまいますけど、大丈夫ですか?」と話を振られると、「考えたくない」ほど別れがつらいことを明らかにする芦田。その様子に、花枝は芦田にとって“心を動かす”ことが目的であるこの取り組みが成功していることを確認する。

いっぽうの花枝もこの取り組みを通じて良い思い出作りができていると言い、「ファミレスでキスするカップルを見て“うわ~”って思っていたけど、今はその気持ちがわかる」と話すと、芦田は花枝にキスをしていいかと質問。「はい」と答えた花枝に、芦田は机を挟んで体を乗り出し、キスをするのだった。

そんな中、「最後の取り組みの日まで、どんなことしたい?」と次のステップに進もうと提案した芦田に対し、花枝は「私たちに残っている取り組みは“別れ”だけです」とキッパリ。花枝の手術日前日に、お別れ会をしようと約束する。

前回の“ほっこりキス”に引き続き、今回は“ファミレスキス”が大きな話題に。SNS上では「なんてかわいすぎるキスシーン」「幸せキスシーンからの別れ話の転調で感情グチャグチャ」などの感想が。さらに、2人のキスを目の当たりにしてしまうファミレスの店員をアキラ100%が演じていたことにも反響があった。

次回、第9話は3月8日に放送。花枝と芦田の別れから2年が経ち、物語は新たなステージへ進んで行く。

PICK UP