黒木華“凛々子”、人気小説家の熱愛疑惑を記事にしようとするが…

瀬古凛々子(黒木華)、井伏直哉(津田寛治)
瀬古凛々子(黒木華)、井伏直哉(津田寛治)

黒木華が主演を務める『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第9話が、3月3日に放送される。

本作は、大手出版社・クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の編集部員を主人公に、そこで働く者たちの仕事・生き方・恋愛を通して、新時代の“人と人とのつながり”を描く、完全オリジナルの社会派“風”お仕事エンターテインメント。黒木は、とあるきっかけで経理部から「カンフルNEWS」の編集長となった瀬古凛々子を演じる。

先週放送された第8話で凛々子たちは、ネット上の書き込みから、立東大学に合格したシェアサイクルベンチャー「レンチャリ」の社長・城島久志(森岡豊)の息子・恭平(新原泰佑)に裏口入学の疑惑があることを知る。ところがその立東大学の学長は、なんと根津道春(溝端淳平)の父・道真(飯田基祐)で……というストーリーが展開された。

<第9話あらすじ>
瀬古凛々子(黒木)は、笹目虎太郎(寛一郎)から好きだと告白される。すると、愛用の辞書を取り出して“好き”の意味を調べ始める凛々子。そこで笹目は、写真を数枚封筒から取り出して凛々子に見せた。その中には、取材中の凛々子のさまざまな姿に混じって、15歳のときの凛々子の写真もあった。笹目は、「初めてこの写真を撮ったときからずっと、僕は凛々子さんのことが好きです。いまは辞書じゃなくて、僕の言葉を信じてください」と告げる。根津道春(溝端)は、そんな二人の会話を聞いてしまう。

瀬古凛々子(黒木華)
瀬古凛々子(黒木華)

あくる日、下馬蹴人(野村周平)は、ネタ会議で若い女性たちから圧倒的な支持を集める小説家・草川敦(渡辺佑太朗)の熱愛疑惑という大ネタを出す。同期会で、とあるレストランを訪れた際に、半個室で女性と見つめ合う草川の姿を偶然目撃した下馬は、その姿をスマートフォンで撮影したという。ところがそこに、書籍編集部の部長・井伏直哉(津田寛治)が部員たちを率いて押しかけ、凛々子たちに「草川の記事は出すな!」と指示する。実は、草川の小説はすべてクスノキ出版から出版されており、その担当編集者が井伏だった。

凛々子と井伏が互いの主張をぶつけて対立する中、もう1つの事件が起きる。届けられた郵便物の中に、凛々子たちを盗撮した大量の写真があったのだ。そしてその中には「これはお前たちがいつもやっていることだ。お前たちにも必ずこの報いを受けさせる」という手紙が入っていて……。

画像ギャラリー