藤原大祐“拓実”の怪我をきっかけにイケセン候補者が大ゲンカ!?

池田龍馬(細田佳央太)、若林拓実(藤原大祐)
池田龍馬(細田佳央太)、若林拓実(藤原大祐)

細田佳央太が主演を務める、総勢30名を超えるイケメンが登場するドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~※この日は23:40~)の第8話が、3月5日に放送される。

本作は、秋元康が手掛ける新感覚の「イケメン」だらけの学園ドラマ。個性豊かなイケメン高校生たちが「全国選抜高等学校イケメン大会(イケセン)」での全国制覇を目指して奮闘する青春コメディ。

前回放送された第7話では、退学届けを出した絶対的エースイケメン・柳一星(宮世琉弥)を連れ戻すストーリーが展開された。

<第8話あらすじ>
選抜イケメン大会に出場する代表メンバー5名が決まる期日が2週間後に迫り、イケセン候補者たちに一層気合いが入る中、学園内で若林拓実(藤原大祐)が階段から転げ落ちる事件が発生! 

眼帯に車いすという痛々しい姿で現れた若林は、イケセン候補者たちの中の誰かから突き落とされたと訴える。海老名晴子校長(秋山菜津子)は面武両道の精神に反すると激怒し、犯人が見つからない限り大会への出場は取りやめると言い出す。イケセン候補者の中に人を傷つける人がいると思えない池田龍馬(細田)だったが、若林は自分が情報通でいろいろな人の秘密を知っていたために実は恨まれていたと涙ながらに告白する。やがて、イケセン候補者たちは互いを犯人だと疑い始め、罪をなすりつけ合い、大ゲンカに発展!

一方、桜井カンナ(遠藤さくら)が他校の男子と会うと聞き、龍馬と柳一星(宮世)は動揺する。新たなライバルが出現し、三角関係に急展開!?

画像ギャラリー

PICK UP