「やるからには売れなきゃ」デビュー10周年を超えたKis-My-Ft2に密着

Kis-My-Ft2
Kis-My-Ft2

3月4日に放送される『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ、毎週金曜24:55~、※関東ローカル)より、Kis-My-Ft2北山宏光千賀健永宮田俊哉横尾渉藤ヶ谷太輔玉森裕太二階堂高嗣)の特集がスタートする。

同番組は、これまであまり表に出されなかったエンターテインメントのバックステージを長期密着取材し、そのリアルな姿を描き出すドキュメンタリー。風間俊介がナレーションを担当する。

2011年、ローラースケートを履いて行うパフォーマンスを武器に「Everybody Go」でCDデビューを果たしたKis-My-Ft2。これまでリリースしたシングル曲28作は全てオリコンチャート初登場1位を記録、また2019年には5大ドームツアーを達成、さらに同年には、台湾でグループ初となる海外パフォーマンスを成功させた。バラエティ番組では果敢に体を張り、ドラマや映画、舞台では主演を務めるなどその存在感を発揮、グループではもちろんメンバーそれぞれが華々しい活躍を見せている。そんな彼らが昨年8月、ついにデビュー10周年という大きな節目を迎えた。しかし最年長の北山は「個人的には、まだ10年だからって感じなんですよね。15年、20年と続けていくためには、どうするのが一番いいのかっていうのは考えます」と、いたって冷静。一方、グループのセンターを務める玉森は「やるからには売れなきゃという気持ちが強い」と明かした。

昨年10月、年明けから開催される全国アリーナツアー『Kis-My-Ft2に逢える de Show 2022』の打ち合わせが始まった。観客を入れての公演は実に3年ぶり。これまで共に歩んできてくれたファンへの思いを込め、演出のテーマは「10年の感謝」に決定した。ステージの演出を担当する二階堂は、演出を考える時「キスマイじゃなくなっています。ファンになってます。ファンが見たいもの、ファンが喜ぶもの、ファンが気持ちよくなれるものとして考えている」と語った。また今回のツアーでは、千賀は振り付け、玉森は衣装、北山はオープニング映像の演出を担当。メンバーそれぞれがこの10年で磨いてきたものを発揮し、より一層ファンに寄り添う公演を考え抜いていた。千賀は「この10年で全員が同じ時間軸で歩み寄ってきて、さらにどんどん歩み寄っていけばいくほど、面白いグループになっていくし、どんどん完成度の高いグループになっていく。今後のキスマイはすごく期待値の高いグループになれるんじゃないかと思っています」と力強く語る。

デビュー10周年を迎え、自らを“中堅”と位置付ける彼ら。ここから更なる進化を果たさなければと、危機感さえにじませる。現状に満足することなく、常に高みを目指す彼らが見据える、未来のKis-My-Ft2像とは。7人それぞれの胸の内をひもとくいていく。

なお、前回まではSixTONESジェシー京本大我松村北斗高地優吾森本慎太郎田中樹)の特集が放送された。