<ネタバレ>岩田剛典の“令和版・浅見光彦”がトレンド賑わす!シリーズ化を望む声も続出

<ネタバレ>岩田剛典の“令和版・浅見光彦”がトレンド賑わす!シリーズ化を望む声も続出

岩田剛典EXILE三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が主演を務める『内田康夫サスペンス 浅見光彦 軽井沢殺人事件』が、2月28日の月曜プレミア8枠(テレビ東京系、毎週月曜20:00~)にて放送。岩田演じる“令和版・浅見光彦”が「爽やかでステキ」「ピッタリ」とSNS上で話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、著作の累計発行部数が1億部を超える、旅情ミステリーの小説を数多く発表したベストセラー作家・内田康夫の代表作「浅見光彦シリーズ」を原作にしたミステリードラマ。

ルポライターの浅見光彦(岩田)は、取材のため冬の軽井沢を訪れていた。浅間山付近を散策していると、女性が捨てた写真が偶然にも光彦のもとへ落ちてくる。「落としましたよ!」とその女性に声を掛けるも、足早に去ってしまう。

浅見光彦(岩田剛典)
浅見光彦(岩田剛典)

その後、光彦は大原物産会長・大原賀一郎(大和田伸也)の別荘を訪問。賀一郎の妻・亜矢子(名取裕子)に昔の軽井沢について聞いていると、そこに警察がやって来る。事故死した平山宏一(長田成哉)という男性の所持品にスケッチブックがあり、この別荘が描かれていたこと、そして「Ayako」というサインが入っていたことから、警察は亜矢子のものではないかと訪ねてきたのだ。しかし、亜矢子は「存じません」と告げる。

大原亜矢子(名取裕子)、浅見光彦(岩田剛典)
大原亜矢子(名取裕子)、浅見光彦(岩田剛典)

そのやり取りをコッソリ聞き、平山の写真をちゃっかり見た光彦は、女性が捨てた写真に写っている男性と平山が同一人物であることに気が付く。そして、警察庁刑事局長の兄・陽一郎(高橋克典)に事件のことを聞き、彼が死ぬ間際に「ホトケノオデコ」という謎の言葉を残していたことを知る。

翌日、立ち寄った蕎麦屋に飾ってある写真を見て、山の形が人の横顔に見えることに気付き、さらにそれが「涅槃仏(ねはんぶつ)のようだ」と言われていることを店主から聞いた光彦。すぐにその山のオデコに当たる部分に行くと、写真を捨てていた女性に出会う。

その女性・野本美貴(工藤綾乃)は平山の婚約者で、「彼は誰かに消されたのかもしれない」と話し出す。平山が死んでから、美貴には不審な電話がかかってきていた。光彦と話している時にもその電話がかかって来て、声の主の背後で“カンッ”という謎の音が鳴っており、光彦はその音に疑問を持つ。後日、再び大原の別荘を訪れた光彦は、庭にある鹿威しの音を聞いて「これか」と音の正体に気付くのだった。

この事件には大原家が大きく関わっていると悟った光彦。しかし翌日、黒幕かと思われた賀一郎の絞殺死体が発見されてしまい……。

謎が謎を呼ぶ展開に、Twitter上では「#浅見光彦」がトレンド入り。演じた岩田の名前も入っており「岩ちゃんの穏やかな演技が浅見光彦にピッタリ」「令和版・浅見光彦は爽やかでステキ」といった声や、「またこのシリーズ見たい」「これ1作だけじゃもったいない」といったシリーズ化を望む声も寄せられていた。

画像ギャラリー

PICK UP