<ネタバレ>浜辺美波“白夜”&岡崎紗絵“晴汝”、銭湯ちょんまげ恋バナに「眼福」

<ネタバレ>浜辺美波“白夜”&岡崎紗絵“晴汝”、銭湯ちょんまげ恋バナに「眼福」

浜辺美波が主演を務めるドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第​​7話が、2月28日に放送。ネット上では、​​​恋の病にかかった雪村白夜(浜辺)に「ぎゅっとなった」との反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本ドラマは『金田一少年の事件簿』をはじめ、あまたのヒットドラマの原作を手掛けた樹林伸氏の小説が原作。豊富な医療知識がある正体不明の女性・白夜が、医師たちの診断を「それ、誤診です!!」と覆して患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマ。​​

白夜は、狩岡将貴(柄本佑)に自分の過去を語り出す。幼少期から、どこかの施設で何もない部屋に閉じ込められたこと、そこで医療の知識を学んだこと、そして高森麻里亜(瀧本美織)の兄・高森勇気(毎熊克哉)のことまで……。「黙っていてごめんなさい」と謝る彼女に、将貴は「約束したことは変わらない。俺が絶対に白夜を守る。大丈夫だから」と彼女の頭の上に手を置いた。

​​体調の異変を訴えるようになった白夜。疲れ、食欲不振、注意力の低下……と並べるが原因は不明。「自分では診断がつきません」「それと、ときどき心臓のあたりに痛みを覚えることがあります」と症状を語った。

銭湯にて白夜は、狩岡晴汝(岡崎紗絵)​​から不調の原因について「できれば見て見ぬふりをしたかったけど……白夜さん、お兄ちゃんに惚れてるでしょ」と指摘された。晴汝は、白夜の恋を応援してくれるらしい。

麻里亜のことを思っている将貴だが、晴汝曰く、一度告白してフラれているとのこと。「脈なしだから」と例える彼女に、白夜は「脈なし……心停止ですか?」と疑問を投げかけた。最後に晴汝​がエールを送る。

「そう。もう死んだゾンビみたいなものだから。自信持って大丈夫。その代わり、恋のせいで仕事に力が入らないのはダメだからね。こういうときこそ、元気出して頑張んな!」

ネット上では、将貴の罪な男っぷりに「柄本佑の頭ポンポンは最強」「ズルい」の声が。白夜の恋の行方、銭湯シーンには「脈なし=心停止に笑った」「眼福」「入浴してる姿たまらん」とのコメントがあった。

次回は3月7日に放送。CDT(総合診断協議チーム)は産婦人科医の東堂絵馬(華優希)から、ある患者の子宮内にいたはずの胎児が消えたと相談を受ける。​​

画像ギャラリー