King & Prince高橋、カエルの脱皮さながらの脱げっぷりで赤パン丸出しに

King & Prince高橋、カエルの脱皮さながらの脱げっぷりで赤パン丸出しに
最新エピソードを無料視聴

King & Prince平野紫耀永瀬廉高橋海人岸優太神宮寺勇太)の無茶ぶり検証バラエティ『King & Princeる。』(日本テレビ、毎週日曜14:15〜※関東ローカル)が2月27日に放送され、欠席の岸を除く4人が「芸人オリジナルゲームでバズる。」に挑戦し、敗者が赤パン姿をポロリした。

まずは、お笑いコンビのちからこぶがプレゼンした「笑み相撲」に挑戦。常に全力の笑顔で行なう腕相撲で笑顔が崩れたら負けだという。最初の対決は、永瀬vs神宮寺。カメラから視線をそらさずに笑い続ける画はかなりシュールで、負けた永瀬は「笑ってるんで、途中から勝負はどうでもよくなってきた」とコメントした。次に対決した平野と高橋は、柔和な笑顔でスタート。平野がジワジワ攻めて、笑顔のまま勝利をつかんだ。

ラストのゲームは「ももひき引き」。つま先部分を結んだももひきを履いた2人がマットの上でうつぶせになり、ほふく前進の体勢で引っ張り合い、先に脱げたら負けというルール。トーナメント形式で、初戦は神宮寺vs高橋。「入所してから今までずっと生足だけは守ってきたんです。ここで失いたくない」と高橋が執念を見せれば、神宮寺は「海人の生足をみなさんに見せたい」と意気込み。すると、神宮寺のももひきがスポンと脱げ、赤いパンツがポロリ。神宮寺は、「俺もうお嫁に行けなくなりました」とメンタルに響いたようだ。

永瀬との勝負を制した平野と、高橋が決勝戦で戦うことに。平野は、「海人のもも、すねにかけて大好きなんで、視聴者のみなさんにも早く見てもらいたい」と脱がせる気満々。高橋は、「もっと焦らしたい。ここで見せるわけにはいかない」と死守を約束。その高橋の作戦はジャンプを繰り返す“カエル跳び”で、生足の公開阻止を試みたが、ラストスパートの連続跳びでスポンと脱げて自滅。カエルの脱皮さながらの負けっぷりに、スタジオメンバーは膝から崩れ落ちて大爆笑した。

次回は3月6日に放送。「芸人オリジナルゲーム」後半戦と「グルメCM選手権」が行われる。