人類滅亡の危機!?奥平大兼“宙”は地球最後の“しょうもない遊び”を思いつき…

人類滅亡の危機!?奥平大兼“宙”は地球最後の“しょうもない遊び”を思いつき…

日テレ系朝の情報番組『ZIP!』(毎週月~金曜5:50~)でショートドラマ『サヨウナラのその前に』が、3月1日(火)から3月31日(木)の全23回に渡って放送される。

同ドラマは、隕石衝突による地球最後の日々を「1話ごとに1日」描く、「31日間」の物語。月曜から金曜まで5人の主役が登場し、それぞれの視点で物語がリレー形式で紡がれていく。1か月後に迫った隕石衝突に対して、彼らは何を思い、どのような日々を過ごすのか? TVerで配信される全4話のオリジナルストーリーも企画されている。

火曜日の主役を奥平大兼、水曜日の主役を南沙良、木曜日の主役を北村一輝、金曜日の主役を真木よう子、月曜日の主役を西岡星汰が務める。主題歌は、BE:FIRSTの「Bye-Good-Bye」。

<第1話~第5話あらすじ>
※3月1日(火)第1話、3月2日(水)第2話、3月3日(木)第3話、3月4日(金)第4話、3月7日(月)第5話

3月31日。高校3年生の椿木宙(奥平)は、夜空に赤黒い炎をまとって現れた隕石を眺めながらボソリとつぶやいた。「マジか……」。

1年前、時の官房長官が記者会見で国民に告げた「我々人類に……滅亡の危機が訪れました」。どうやら地球に巨大な隕石が接近しているらしい。その発表に世間は大混乱! アテのない大移動をしたり、犯罪が激増したり、意味不明な革命YouTuberが乱立したり。偉い人たちは事態の収拾に奔走し、地球と隕石との距離が毎日発表された。そんな日々が数か月続き、やがて研究が進んで衝突回避説が流れ始めると、人類滅亡を信じる者は次第に少なくなっていった。

しかし、この日、それは夜空にはっきりと現れた。「マジか……」迫る隕石を見上げならボソリとつぶやく宙に、女が近寄り、告げる。「これでサヨウナラかもしれないから……その前に、『したいこと』があるんだ」――。

その1か月前。宙は、親友の拓馬、岳と3人で、通い慣れた学校を訪れていた。昨今の研究結果から隕石は衝突しない可能性が高いといわれながらも、いまだに休校が続いている。その誰もいない校舎で、宙は地球最後の“しょうもない遊び”を思いつく。

そんな宙の不可解な行動を冷めた目で見つめる同級生の観月未希(南)には、目の前で起こっている出来事を脳内で冷静に分析してしまう“面倒くさい癖”がある。そのおかげで比較的失敗の少ない人生を歩んできたと自負しているが、13年前から“自分でも許せない”ある思いを抱え続けていた。

一方、物理教師の渡会実(北村)は、誰もいない学校にここ1か月ほど通い続けている。隕石接近の発表からほどなく休校となり、教師は自宅待機が命じられている中、毎日学校に通うのには理由があって……。

“タイミングが悪い人生”を自覚する喫茶店主・金島陽子(真木)の悩みも尽きない。1年前、念願の喫茶店をオープンした日に隕石接近が発表され、その直後に彼と破局し、翌日に妊娠が発覚。独りで産む決意を固めたものの、仕事も将来も不安だらけ。近頃は“最悪な客”が毎日店に来るようになる。

そんな中、自宅に引きこもりながら“人類の滅亡”を孤独に願う青年・佐藤開(西岡)は、缶コーヒーを買うため外に出ると、奇跡的な出来事に遭遇する。

隕石衝突まで31日、人類滅亡をまだ信じてはいない5人の最後の1か月が始まる―――。

画像ギャラリー

PICK UP