成田凌“藤木”、腹に鉄筋が突き刺さってしまい自ら手術!?

成田凌“藤木”、腹に鉄筋が突き刺さってしまい自ら手術!?

成田凌が主演を務める土曜ドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第7話が、2月26日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

恋人殺しの濡れ衣を着せられ、地位も名前も捨てて逃亡を続ける天才外科医・藤木圭介(逃亡時の偽名:鳴海健介/成田)。彼に残されたのは医師としてのプライド、超一流の技術、そしてわずかな手術道具だけ。極限の逃亡生活の中で遭遇する「彼にしか救けられない患者」たち。追手が迫り来る中、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる。誰も見たことのない“サバイバル・ドクター・エンターテインメント”。

前回第6話では、藤木は八神妙子(桜庭ななみ)が烏丸京子(前田敦子)に託したという謎のカセットテープのある部分が気になり、機械に詳しいモー(中村蒼)に相談する。廃団地に現れた呼びつけた烏丸にもカセットテープについて質問を投げかけるが、答えは出なかった。自分は味方だという烏丸にとりあえずうなずく藤木だったが、その様子を見た烏丸は自分が疑われていることを察し……。

第7話では藤木が身を隠していた廃団地で、モーたち外国人労働者とホームレスの日本人たちが騒ぎを起こす。通報を受け現場に駆けつけた警察官に、血の気の多い外国人労働者たちが応戦してしまい、警察は応援を要請。パトカーが廃団地を取り囲む中、藤木と八神拓郎(松岡昌宏)は廃団地から脱出する手段について考えを巡らせる。しかし、自分だけ助かろうと我を失ったホームレスのノムさん(六平直政)が藤木を突き飛ばし、藤木のお腹に鉄筋が突き刺さってしまう。

警察の突入が刻一刻と迫る中、藤木は痛みと戦いながら鉄筋を自ら引き抜く手術を開始する。一方、廃団地にいる都波健吾(酒向芳)を襲撃して、事件の鍵を握る「DDSη(イータ)」の研究データを手に入れた幹こずえ(堺小春)は、用済みになった昏睡状態の妙子を殺害しようとするが、奪ったデータは不完全だったことが判明する。それを知り、怒りに震える佐々木世志郎(安田顕)に烏丸は、あるアイデアを提案する。

一方、廃団地を抜け出した都波と合流した長谷川輝彦(桐山照史)は、「DDSη(イータ)」の研究データを巡って都波に迫り……!?

画像ギャラリー