大西流星の腕立て伏せを小瀧望が大爆笑「これは…」

大西流星の腕立て伏せを小瀧望が大爆笑「これは…」

小瀧望ジャニーズWEST)、葉山奨之大西流星なにわ男子)、佐伯大地が出演するドラマ『鹿楓堂よついろ日和』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の「TELASA」オリジナルコンテンツ「ヒミツの鹿楓堂」(全6回)。配信中の第5回は「鹿楓堂No.1体力自慢は誰だ!?ガチンコ筋トレ対決」と題して、鹿楓堂メンバーが、短時間で負荷の高い運動と小休憩を繰り返す、いま注目のトレーニング法「HIIT(ヒット)」で対決する。

腕立て伏せ、ボックスジャンプ、レッグレイズ、バーピーを各20秒……10秒の休憩を挟みながら、これを2セット行った後、水を飲んで“キザな台詞”をバシッと決めたら終了となるこの対決。大本命は、日頃から魅惑の筋肉美で話題をさらう肉体派の佐伯だが、小瀧も「バキバキなのは大地くんですけど、僕もたるんではないと思います。しかもジャニーズですから!(笑)」と、キラースマイルを見せつける。

今回の対決では、各項目でこなした回数を加算し、制限時間内に最も多く回数を重ねた人が優勝。一方、最下位になってしまった人を待ち受けるのは、筋肉Tシャツを着て筋肉ポーズを取りながらドラマの告知をするという、超恥ずかしい罰ゲーム。佐伯が「大西くんのポーズが見たいなぁ」とワクワクする中、大西は「イヤや! イヤや! イヤやー!」と全力で拒否。

トップバッターの小瀧は、最初の腕立て伏せからみんなが「早い!」と驚くほどの力強さを披露。頼れる座長っぷりを見せつけるように、その後もスムーズに各項目をこなしていくのだが、2セット目に突入すると突如異変が……。「のんちゃん、どう?」と声を掛けられるも「ちょ……しゃべり掛けないで……」と瞳孔が開き気味に。見たことない限界MAXの表情で「バリきつい!!」と阿鼻叫喚。

そんな小瀧の様子を見て、不安げな表情でスタートした葉山だが、最初の腕立て伏せの段階で、既に息も絶え絶え、声も出せない状態に。正座して天を仰いだかと思えば、「助けてください!」と絶叫する場面も。果たして無事に2セットやり切ることができるのか?

さらに、2月26日(土)深夜0時から配信がスタートする後半戦では、大西と佐伯が筋トレ対決に挑む。最も若くぴちぴちのはずの大西の、軟弱すぎる腕立て伏せを見た小瀧は「これは……遅すぎる(笑)!」と大爆笑。「あかーん!」と叫びながら項目をこなしていく大西だが、持ち手につかまって足を上げるレッグレイズでは、つるんとすべるわ、謎の足上げを披露するわと、“衝撃的な姿”を披露し、小瀧のツッコミが止まらない事態に。小瀧&佐伯が「審議! 審議!」と物申す!? また、最後のキザな台詞コーナーでは、あざといひと言を投下し、みんなを沸かせる。

一方、隆々とした胸筋を法被から覗かせる佐伯は、期待通り、驚異のスピードの腕立て伏せを見せ、一同を驚かせる。しかし、バキバキの肉体派・佐伯にも苦手な項目があることが発覚。その意外な弱点とは……?

はたして、みごと体力自慢No.1に輝くのは? そして、罰ゲームで辱めを受けることになるのは誰!?