千鳥・大悟、モグライダー・ともしげの“奇行”に仰天「コイツとんでもない」

千鳥・大悟、モグライダー・ともしげの“奇行”に仰天「コイツとんでもない」

モグライダー芝大輔ともしげ)が2月22日に放送された『千鳥の相席食堂』(ABCテレビ、毎週火曜23:17~)に出演。2人のロケに千鳥大悟ノブ)が大笑いした。

『M-1グランプリ2021』のファイナリストが“漫才”ではなく、“ロケ”で激突する、相席食堂恒例のロケ頂上決戦「街ブラ-1グランプリ2022」が開催。モグライダーは、芝の地元である愛媛県松野町目黒へと向かった。

強烈キャラで人気のともしげ。冒頭いきなり「はい、おはようございまーす!」と挨拶。早速、大悟にVTRを止められ「最初の『はい』は何?」とツッコミを入れられる。

芝の地元は山奥で、子供の頃は、登下校する道端に猿の骸骨が転がっていたことも……。芝は「ファミコンの『魔界村』と同じ。魔界村出身なんですよ」と述べた。

定年後、民宿を始めたという芝の両親のもとへ。母の手料理が出される中、ともしげが食レポに挑戦。しかし、うまく口に運ぶことができず、ノブから「下手くそやなぁ。メシも食えんのか!」とツッコミが。大悟も「一緒に焼肉に行ったときも、ずっとわしのタレにつけて食うてたから」と回顧して笑いを誘った。

最後に向かったのは、滑床渓谷にある世界一のピッツァが食べられるというレストラン。人気のマルゲリータを食べることになったものの、ともしげが具をすべて落としてしまい、千鳥を苛立たせる。具がこぼれ落ちたピザ生地を見た芝は「プレデターのすっぴんみたいになってる」とツッコミを入れた。

そのほか、レストランの厨房に潜入する前に「いただきます」と言ったり、お手拭きを使うタイミングがおかしかったりと、ともしげが大暴れ。大悟は「やっぱコイツとんでもないな」と驚いていた。

次回は3月1日に放送。錦鯉渡辺隆が地元に凱旋。“憧れの女優”とロケをする。

PICK UP