<ネタバレ>猪狩蒼弥“五島”の優しさが仇となったシーンが「不憫かわいい」と話題

野郎組バンド
野郎組バンド

8人のジャニーズJr.が主演を務める『恋の病と野郎組 Season2』(日本テレビ系、毎週月曜24:59~)の第5話が、2月21日に放送。猪狩蒼弥HiHi Jets)演じる五島律の優しさが仇となったシーンが「かわいそうすぎる」「不憫かわいい」とSNS上で話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、2019年にBS日テレで放送された連続ドラマ『恋の病と野郎組』の続編。共学にも関わらず、男女比の都合で作られた全員男子のクラス、通称“野郎組”に集められた男子高生8人が「女子と話せない病」を患いながらも、女子との触れ合いを求め一致団結し奮闘する学園ラブコメディ。

軽音部に所属している五島だが、最近、部活に顔を出していない様子。後輩の十一奏(川崎星輝)が「来てくださいよ~」と頼み込んできたことをきっかけに、野郎組のメンバーも五島の背中を押し、なんとか部活に行かせることに成功する。しかし、五島は何かを警戒していた。

その理由は、部員のレイカ(河合優実)にあった。彼女は軽音部に入部した当初から、ずっと五島を睨んでいるのだという。「俺が何したっていうんだよ!」と怒りを露わにする五島だが、後輩からレイカが五島に憧れて軽音部に入部したと聞き、そこからCDを貸すなど2人の距離は縮まっていく。

そんな2人を見た野郎組は「早く告白して付き合えばいいじゃん!」と五島に提案。しかし五島は「先に好きになったあっちが俺に告白すればいい」と完全なる受け身。そんな中、レイカが十一と仲良くしているしている姿を見て、レイカが奪われると思った五島。十一に対バン勝負を挑むのだが、十一のバンドが“音楽性の違い”で解散してしまう。落ち込む十一を見た五島は野郎組バンドに十一を誘い、対バンではなく「同じステージ」で十一との差を見せつけようとするのだが……。

野郎組バンドの復活に、視聴者も喜び。「まさか2022年にも野郎組バンドが見れるとは!」「優しさが仇になった五島かわいそうすぎる」「不憫かわいい」といった感想が寄せられた。

次回、第6話は2月28日に放送。六反田陽汰(岩崎大昇)は野郎組メンバーに彼女ができたと伝えるが……。

PICK UP