デヴィ夫人の家に居候していた女子大生の“その後”がすごい!

公開:

若林正恭オードリー)、弘中綾香アナウンサーがMCを務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15〜 ※一部地域を除く)。2月21日は、デヴィ夫人の家に居候していたマリナさんの“その後”が放送された。

今回は「レジェンド激レアさんのその後を調べたらやっぱりスゴかったSP!!」と題し、過去に登場した激レアさん333人の中から、現在が激変していた人を紹介。2020年10月5日放送回に登場した「デヴィ夫人の家にガッツリ居候している人」ことマリナさんは、放送当時は21歳の現役大学生で、約1年前から血の繋がりもないデヴィ夫人の家に居候していた。

マリナさんはデヴィ夫人の大ファンだった高校生の頃、SNS上をパトロールし、デヴィ夫人と頻繁に交流している人をリストアップ。こうしてデヴィ夫人のパーティーに参加するようになり、特技の口笛を気に入られ、距離を縮めていったという。そして大学生になった時にデヴィ夫人から誘われ、居候することに。毎朝デヴィ夫人がモーニングコールをしてくれるなど、貴重な同居生活を明かした。

そんなマリナさんは現在23歳に。大学卒業を機に実家住まいに戻ったという。その理由を「CDデビューしまして」と話し出したマリナさん。口笛とは別に歌声を活かし、歌手デビューを果たしたそう。

そんなマリナさんについて、デヴィ夫人に直接聞いてみると「世話が焼ける子がいなくなって、ちょっと寂しい」と本音を吐露。マリナさんが大学を卒業して一緒にいられる時間も増えたそうで、より一層絆が深まり、仲睦まじい様子を見せていた。

次回は2月28日に放送される。

PICK UP