黒木華“凛々子”、寛一郎“笹目”から告白!「好きです」

笹目虎太郎(寛一郎)、瀬古凛々子(黒木華)
笹目虎太郎(寛一郎)、瀬古凛々子(黒木華)

黒木華が主演を務める『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第8話が、2月24日に放送される。

本作は、大手出版社・クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の編集部員を主人公に、そこで働く者たちの仕事・生き方・恋愛を通して、新時代の“人と人とのつながり”を描く、完全オリジナルの社会派“風”お仕事エンターテインメント。黒木は、とあるきっかけで経理部から「カンフルNEWS」の編集長となった瀬古凛々子を演じる。

先週放送された第7話では、凛々子と根津道春(溝端淳平)、そして「カンフルNEWS」の新戦力として専属契約を結んだフリーランスのカメラマン・笹目虎太郎(寛一郎)と一本真琴(石井杏奈)が見つけてきた占いができるというネコの取材へ出かける。そこで凛々子は、「あなたの近くに寄り添う影が見えるが、波乱の兆しがある」と占われる。

公式HPで公開されている第8話の予告動画では、笹目が凛々子に「あなたのことが好きです」と告白して抱きしめるシーンが。さらにそのシーンを目撃してしまった根津が複雑な表情を浮かべていて……。

瀬古凛々子(黒木華)、根津道春(溝端淳平)
瀬古凛々子(黒木華)、根津道春(溝端淳平)

<第8話あらすじ>
根津道春(溝端)は、新聞社に勤務している元カノ・阿久津舞衣(小林涼子)から、「私たち、やり直さない?」と告白される。突然のことに戸惑う根津に、舞衣は、「急がないから少し考えてみてほしい」と言うと、カバンの中から封筒を取り出した。それは、新聞社にタレコミがあったという、シェアサイクルベンチャー「レンチャリ」の社長・城島久志(森岡豊)と若い女性の密会写真だった。

根津は、ネタ会議で城島のネタを瀬古凛々子(黒木)たちに伝えた。大ネタに盛り上がる下馬蹴人(野村周平)や一本真琴(石井)たち。だが根津は、「不倫ネタをいま扱う意味はあるのか」と疑問を投げかける。根津は、舞衣から、「社会の裏側を暴く記者になりたいという夢はゴシップサイトにいて叶えられるのか」と言われたばかりだった。すると凛々子は、根津がやらないのなら自分が取材をすると宣言する。

第8話シーンカット
第8話シーンカット

ほどなく、カメラマンの笹目虎太郎(寛一郎)が、若い女性とキスをしている城島の写真を押さえる。だが、凛々子がその件で城島本人を直撃すると、なぜか城島は「息子のことなら私は一切関係ない」!」と言って去ってしまう。

ネット上の書き込みから、立東大学に合格した城島の息子・恭平(新原泰佑)に裏口入学の疑惑があることを知る凛々子たち。ところがその立東大学の学長は、なんと根津の父・道真(飯田基祐)だった。

画像ギャラリー