間宮祥太朗、金髪&特攻服のヤンキー姿に「気合が入りました」

難波剛(間宮祥太朗)
最新エピソードを無料視聴
難波剛(間宮祥太朗)

4月からスタートする新“水10”ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)。この度、主人公でバリバリのヤンキーなのに普通の高校生になりたい難破剛(なんば・つよし)を演じる間宮祥太朗の、金髪&特攻服をまとった迫力のヤンキービジュアルが初公開された。

今作は、不良漫画の天才・小沢としおの「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという、高校“逆”デビュー物語。

まるで別人な学ランを着た難波剛(間宮祥太朗)
まるで別人な学ランを着た難波剛(間宮祥太朗)

剛は家族の前では特攻服を着たバリバリのヤンキー、学校では学ランを着た真面目な高校生、という二重生活をスタートさせる。学校では優等生として美術部に入部するがいじめられている友人を放っておけず、つい特攻服に着替えて助けたことをきっかけに、正体不明の最強ヤンキーとしてどんどんのし上がってしまう。誰にも言えない秘密を抱えながら、憧れだった普通の高校生活を送ることができるのか?

「制服⇔特攻服」という変身ヒーローもののような痛快コメディ要素だけではなく、二重生活から生じる人間関係の亀裂、そして苦悩……しかしそこから生まれる友情・家族愛も全く新しい青春ヤンキードラマとして、斬新に描いていく。

今作で間宮は、家族の前で見せる“ヤンキー”バージョンの剛、そしてひそかにまじめな学校に通い普通の高校生活を送る“シャバい”(ひ弱な、さえない)バージョンの剛を演じる。今回この両方のビジュアルが初公開に。ヤンキーバージョンでは、たてがみのように逆立てた金髪と、素肌に真っ白の特攻服をまとい、今にもケンカが始まりそうな目でにらみつける、なんとも迫力満点なビジュアルとなった。本広克行監督からも「いいねー!」とテンション高めに太鼓判を押され、間宮も一安心したという。一方、シャバいバージョンでは、ぴしっとまとめられた黒髪に、標準の学ラン姿でさわやかな笑顔を見せている。

ヤンキーバージョンの難波剛(間宮祥太朗)
ヤンキーバージョンの難波剛(間宮祥太朗)

<間宮祥太朗 コメント>
――ヤンキーバージョンの特攻服を着てみた感想は?

特攻服に袖を通してみて、原作にもありますが、トラブルなどを解決していく、ある意味“ヒーローのスーツ”のような印象で、剛のONの状態になり気合が入りました。デザインについては、赤文字に金で統一感もあって、特に“泣いてくれるなおっ母さん”という言葉が気に入っています。

――髪型はいかがですか?

このヘアスタイルは、ティザー動画を撮影したときに毛先が揺れて、たてがみみたいにふわーっとなる感じがかっこよく映っていたので、ドラマ本編でも迫力が増すひとつのポイントになればいいな、と思いました。“シャバい”剛は、黒髪で前髪もあるので、本広監督も“すごいね! 変わったね!”とおっしゃっていました。

――特攻服は素肌に着ると聞いたときは?

嫌でしたね(笑)。素肌に特攻服でアクションすると、乳首が見え隠れするのではないかな? と。最初はそう思いましたが、割と小さくて離れ気味な乳首なので、隠しやすかったですけどね!(笑)。

――剛という役をどう演じていきたいですか?

主人公は家族に期待されているレールがあって、でもそこから外れたところに行きたいんです。その思いは、ヤンキーであろうとなかろうと、誰もが10代のころに感じることだと思います。まわりからのイメージや“こうでしょ、こうなってよ”という期待と、自らがどう生きたいか? という自分のアイデンティティを考えることは、題材をどこにしようとも共通するところだと思うので、その物語の筋みたいなことが伝わればと考えております。

画像ギャラリー

PICK UP