<ネタバレ>志尊淳“大牙”、高畑充希​​“雛子”への優しい抱擁に「キュンが止まらない」

<ネタバレ>志尊淳“大牙”、高畑充希​​“雛子”への優しい抱擁に「キュンが止まらない」

高畑充希が主演を務める水曜ドラマ『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が、2月16日に放送。ネット上では、高梨雛子(高畑)が涙を流しながら大牙涼(志尊淳)に身を預けるシーンに多くのコメントが集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、カリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)に「子会社の社長就任」という特大のムチャブリをされたヒロイン・雛子が、仕事や恋の無理難題を体当たりで乗り越えていく様子を通して、素敵な女性に成長していく姿を描くお仕事エンターテインメント。

浅海を後ろから抱きしめた雛子。自分の気持ちに戸惑いながらも浅海は「終電……大丈夫? “そろそろかな”とかね」「もう遅いから気をつけて帰ってね。お疲れ様」と語る。雛子は抱きしめるのをやめ、ショックを受けつつ走って帰宅した。

すぐに電話で佐々川知美(夏帆)に報告。「なんであんなことしちゃったんだろう。自分が信じられない……しかも完全に拒否られた」とネガティブ発言を連発。自分なんかが相手にされるはずがない。相手は大社長なのだ。後先考えずに行動して自らの首をしめる自分自身に「バカすぎる!」とショックを受け、合わせる顔がないと落ち込んだ。

翌日、浅海とエレベーターでばったり。いきなりのピンチが訪れる。彼には、深い意味ではなく、親愛のつもりでハグをしたと伝えた。

そんな中、母親の令子(草刈民代)が家にやってくる。大きなプロジェクトをやりとげただけでなく、令子の言葉もあって、自分の気持ちに正直になった雛子は、浅海のもとへ。しかし、彼が桧山凛々子(優香)に抱きしめられているところを目撃してしまう。

雛子が落ち込みつつ自宅に戻ると、マンションの前に大牙の姿が。雛子宅で割ってしまったワイングラスを弁償するため、新しいグラスを買ってきてくれたらしい。

浅海たちのこともあって、浮かない表情をしていると「なんで泣いているんですか」と大牙。彼の言葉に涙が止まらなくなった雛子を大牙が抱き寄せる。「泣いてるよ……」との言葉に、さらに泣き出す雛子だった。

ネット上では、大牙と雛子のハグシーンに「キュンが止まらない」「めっちゃ叫んだ」「全部が優しい」とのコメントがあった。

次回は2月23日に放送。大牙は雛子の家に押しかけ、ゲームをしたり、食事をしたりする。

画像ギャラリー