高木菜那&高木美帆&佐藤綾乃、連覇なるか?団体パシュートに注目『北京オリンピック』(2月15日)

公開:
高木菜那&高木美帆&佐藤綾乃、連覇なるか?団体パシュートに注目『北京オリンピック』(2月15日)

現在開催中の『北京オリンピック』。2月15日(火)の競技は、日本人アスリートによるメダルラッシュになる可能性がある。特に高木菜那高木美帆姉妹と佐藤綾乃が連覇に挑むスピードスケート女子団体パシュートは、金メダルが期待できる種目となっている。

正面から見ると、3人の動きが完全に重なり、まるで1人で滑っているかのよう見える日本のスケーティング技術は、それだけで一見の価値ありだが、その上、平昌金メダルトリオで準々決勝に臨んだ日本は、いきなりオリンピック新記録をたたき出す好パフォーマンスを見せ、首位で準決勝に駒を進めた。

実力差を考えると、ある程度、力を温存した状態で準決勝のROC戦を滑り、その上で、オランダとカナダの勝者と対戦する決勝に臨むシナリオを描くことができる状況にある。

この日の午前中に行われるスノーボード女子ビッグエアも、日本勢のメダル獲得に期待ができそうだ。前日に行われた予選では、85点越えのハイスコアを2本揃えた17歳の村瀬心椛が2位、高いエアを見せた岩渕麗楽が3位で予選を通過しほか、金メダル候補の1人である鬼塚雅も得意の大技を温存しつつ、5位で決勝進出を果たしている。スロープスタイルとの二冠を狙うゾイ・サドフスキシノットと日本勢のハイレベルな金メダル争いは必見だ。

男子ビッグエアの決勝もこの日の午後に行われ、こちらはキャブの1800を決め、予選2位で決勝へ進出した大塚健に加え、予選4位の國武大晃にメダル獲得の期待がかかる。

2大会連続のメダル獲得を目指すカーリング女子は、現在予選リーグ4勝2敗で2位タイにつけており、上位4チームが進出する準決勝へ向け、この日行われるイギリス戦は重要な戦いとなる。

イギリスも日本との対戦は前回大会の3位決定戦のリターンマッチとなる。リベンジに燃えているであろうスキップのイブ・ミュアヘッドは健在。互いに色々な思惑が交錯する熱戦になりそうだ。

男子ノルディック複合は個人ラージヒルで渡部暁斗が3大会連続のメダル獲得に挑む。過去2大会、個人ノーマルヒルで連続して銀メダルを獲得している渡部がこの種目でメダルを獲得すると、個人ラージヒルでは自身初のメダルとなる。

フィギュアスケート女子シングルも開幕し、この日はショートプログラムが行われる。現状、ROC勢3人が絶対的な優位にあるが、坂本花織樋口新葉河辺愛菜の3人が、その一角を崩せるかどうかに注目したい。

また、アイスホッケー男子は準々決勝決定戦が行われる。すでに各グループ1位と2位最上位のアメリカ、ROC、フィンランド、スウェーデンがベスト8を決めており、残り4つの椅子を8か国が争う。

なお、民放テレビ局のオリンピック公式動画配信サイト「gorin.jp」および、民放公式テレビポータル「TVer」では、大会の模様をライブ&ハイライトで配信する。

■2月15日(火)主なライブ配信
・スピードスケート男子団体/女子団体 パシュート 準決勝~決勝 15:25 - 18:18
・ノルディック複合個人ラージヒル ジャンプ 15:55 - 17:58 ほか

※ライブ配信予定は追加・変更になることがあります。随時更新されますので「gorin.jp」にて最新情報をご確認ください。

PICK UP