ジャニーズWEST・重岡、紙ヒコーキ世界記録に挑戦

ジャニーズWEST・重岡、紙ヒコーキ世界記録に挑戦

ジャニーズWEST重岡大毅桐山照史中間淳太神山智洋藤井流星濱田崇裕小瀧望)の『あなたの代わりに見てきます!リア突WEST』(ABCテレビ・テレビ朝日系、毎週日曜13:25~)が2月13日に放送。重岡と神山が紙ヒコーキで世界記録を狙った。

今回は、久しぶりの神山&重岡コンビによるロケ。アドバイザーは、飛距離61.82mの日本記録保持者・藤原宣明さん。紙ヒコーキを飛ばすにあたり、野球経験者が有利とのことで、甲子園に出場歴のあるとにかく明るい安村もリア友として参加した。

以前の放送で、「オモトアシナガアリ」の貴重映像を撮影し、Yahoo!ニュースに取り上げられた重岡は、「とんでもない記録が出れば、また、Yahoo!ニュースに」と息巻く。

まずは、藤原さんによる飛ばし方指南。999種類あるという藤原さんオリジナルの紙ヒコーキから、よく見かける「やりヒコーキ」を選び、神山が挑戦。緩く山なりの弧を描いてキレイに着陸したが、藤原さんは「やりのように、すーっと行って落ちただけ。飛んではいない」と手厳しい。紙ヒコーキは後部が特にデリケート。後ろの羽を少しひねって、藤原さんが飛ばすと、滑るように遠くへ。軽々と神山の倍の飛距離を出し、一同は大いにテンションが上がる。

初心者にはよく飛ぶ「へそヒコーキ」がオススメとのことで、折って作るところからスタート。重岡が紙を目の高さまで持ちあげて2つに折りながら、「(折り紙は)昔よくやってました、兜とか……」と得意がるのにかぶせて、藤原さんが「折り方が下手な人って、必ず持って折る」とピシャリ。テーブルできちんと折る神山が褒められ、スタジオからも「恥ずかしい」とコメントが飛ぶ。

いよいよ準備が整った3人は、ギネス世界記録である69.14mを目指し、10投の制限のなかコツを教わりつつチャレンジする。

次回は2月20日に放送。桐山と濱田がギャル姿の女性に扮し、着物で日本舞踊に挑戦する。

PICK UP