クラブを最下位からJ2昇格に導いた監督・秋田豊のマネジメント術に迫る!

クラブを最下位からJ2昇格に導いた監督・秋田豊のマネジメント術に迫る!

いわてグルージャ盛岡の監督を務める秋田豊が、2月12日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~※この日は24:30~予定)にゲスト出演。MCの勝村政信や解説の北澤豪らと共に、最下位クラブを変えた秋田のマネジメント術を掘り下げていく。

昨シーズン、秋田率いるいわてグルージャ盛岡はJ3からJ2への昇格を達成。秋田自身もその実績を評価され、J3の優秀監督賞に輝いている。2014年にJ3の発足と共にリーグに参入したいわてグルージャ盛岡は、初年度こそ12チーム中5位という成績を残したが、2年目以降は2桁の順位で低迷。2019シーズンには最下位を経験してしまう。そんなクラブの立て直しを託されたのが秋田だった。

番組では「勝つ」ことから逆算してチームを組み立てていったという秋田の方法論についてトークが展開。キャンプ地にいる秋田とスタジオを中継で結び、いわてグルージャ盛岡の選手たちの証言を交えながら、激動の昨シーズンを振り返っていく。

また、秋田は自分自身の変化についても言及。2010年に京都サンガで監督としてのキャリアをスタートさせた秋田だったが、結果を出せずに約半年で解任。2013年には町田ゼルビアの監督に就任するが、ここでもシーズン途中でチームを去っている。そんな秋田が、7年ぶりに監督を務めたいわてグルージャ盛岡ではなぜ結果を残すことができたのか。そこには、監督としての“発想の転換”があった。「180度考え方を変えました」と語る秋田のチームマネジメント術が明らかになる。

画像ギャラリー

PICK UP