黒川智花“優美”、新川優愛“奈々江”殺害前に会っていたのは中野幸!?

黒川智花“優美”、新川優愛“奈々江”殺害前に会っていたのは中野幸!?

波瑠が主演を務める『愛しい嘘~優しい闇~』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15〜※一部地域を除く/※この日は23:25~)の第5話が、2月10日に放送される。

登場人物は全員嘘つき!? 渦巻く嘘と闇、愛憎……。本作は、同窓会をきっかけに起こる同級生“連続不審死”事件を軸に、超高速展開で二転三転していく本格ラブサスペンス・ドラマ。

前回第4話で、主人公・今井望緒(波瑠)が、初恋の人・雨宮秀一(林遣都)とついに初キス。ネット上では、雨宮の優しさ溢れるキスに「胸がドキドキ」「美しい」「王子様のキス」​​との反応があった。

そんな望緒だけでなく視聴者のハートもつかんできた雨宮が、野瀬優美(黒川智花)を苦しめた狂気のDV夫・野瀬正(徳重聡)に刺され、岩崎奈々江(新川優愛)と優美に続き、同級生“連続不審死”事件の第3の犠牲者に……。

実は、正が雨宮を刺したのは、優美の不倫相手だったという確証を得たから。しかし、その確証はどこから生まれたものなのか、未だ謎。優美の不倫相手は本当に雨宮だったのか!? 望緒は愛する雨宮のことを信じたい一心で、彼の潔白を証明しようと決意し、優美の生前の動向を調べる。この調査が思わぬ真実の糸を手繰り寄せることに。なんと、優美が奈々江を殺した日、男性と一緒に喫茶店に行ったことが判明。しかも、その男性は14年前の事件と深い関係のある中学時代の同級生・中野幸である可能性が浮上する。

そもそも望緒が同窓会で掘り起こしたタイムカプセルから、「みんな 忘れないよ 中野幸」と書かれた紙を見つけた直後に幕を開けた同級生“連続不審死”事件。その後、中野は14年前、中学生だった深沢稜(溝端淳平)と本田玲子(本仮屋ユイカ)、優美、奈々江が打ち上げた花火によって自宅が火事となり、転校していた事実が明るみに。同級生“連続不審死”事件は、中野による復讐という説も、登場人物たちの間で囁かれていた。

ここに来てようやく、輪郭を見せ始める謎の同級生・中野の実像。そんな中、またしても望緒の命が脅かされる事件も発生。いったい何が本当の真実で、何がただの思い過ごしなのか――。

そんな第5話放送直前まで「TELASA(テラサ)」「Abema」「TVer」では、これまで放送された全話(第1~4話)が特別無料配信中。

<第5話あらすじ>
今井望緒(波瑠)の初恋の人で、中学時代の仲良し6人組の1人・雨宮秀一(林)が刺された。犯人は、毒入りワインを飲んで亡くなった6人組のメンバー・野瀬優美(黒川)の夫である野瀬正(徳重)。どんな確証があったのかは分からないが、妻の不倫相手が雨宮だと考え、凶行に及んだのだ。この事件を機に、仲間であるはずの雨宮に対して不信感を強めた本田玲子(本仮屋)は、こっそり身辺調査を開始する。

一方、雨宮を信じたい一心で、望緒は彼の潔白を証明しようと決意。幼なじみの深沢稜(溝端)と共に、優美の車のカーナビ走行履歴を調べる。すると、優美が同級生“連続不審死”事件の第1犠牲者・岩崎奈々江(新川)を殺した日、喫茶店に行っていたことが判明。店主に確かめたところ、優美は男性と一緒に来店したという。しかもその男性は、店主が娘の名前を呼んだ瞬間、ギョッとしたように振り返ったというのだ。その名前とは「ミユキ」――今から14年前、中学生だった稜と玲子、優美、奈々江が打ち上げた花火によって自宅が火事となり、転校した同級生・中野幸と同じ名前で……。

望緒と稜は中野のことを調べるため、恩師のもとへ。火事で両親を亡くした中野が身を寄せていた親戚の家の住所を教えてもらう。そんな中、“耳を疑うような衝撃の事実”が次々と発覚。さらに、望緒のもとへ、またしても命を脅かす黒い影が迫る。

画像ギャラリー

PICK UP