阿部寛“新名”と横浜流星“瀬能”、隆子を殺した犯人を捜査!

西野斗真(高橋光臣)、瀬能陽生(横浜流星)、新名正義(阿部寛)
西野斗真(高橋光臣)、瀬能陽生(横浜流星)、新名正義(阿部寛)

阿部寛が主演を務める日曜劇場『DCU』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第4話が、2月13日に放送される。

本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマ。海上保安庁に新設されたスペシャル集団が“水中未解決事件を解明すること”をミッションに、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫る。

第3話では、国際テロ組織のメンバーを追って中村アン演じる成合隆子が殉職するというまさかのラストが描かれ、ネット上は騒然。「衝撃すぎた」「こんな展開になってしまうとは……」「本当に信じられない」「唖然としてしまった」などのコメントが寄せられていた。

<第4話あらすじ>
成合隆子(中村)の殉職に言葉を失うDCUのメンバーたち。新名正義(阿部)は隊長から外され自宅待機が命じられた。その間は副隊長の西野斗真(高橋光臣)が隊長代理を務めることに。他のメンバーは事件捜査を公安に任せて通常業務に戻るよう指示される。

瀬能陽生(横浜流星)
瀬能陽生(横浜流星)

この指示に納得できない瀬能陽生(横浜)のもとに公安の清水健治(山崎育三郎)が訪ねてくる。隆子のパソコン内にあったプライベートデータをわざわざ持ってきてくれたのだ。そのデータに違和感を覚えた瀬能は、DCU機動班第一部隊のメンバーとして新たに加わった神田瑠璃(趣里)に解析を依頼。解析の結果、今回の事件は2年前に起きた溺死事故に起因している可能性が浮上する。

瀬能は、隆子の司法解剖を行なった医師・真鍋宗雄(角田晃広)と事故が起きた際の機材会社の月島秀樹(六角精児)の元に向かう。しかし、既に自宅待機中の新名が訪れた後だった。独自に捜査をしていた新名は、瀬能に手を組むことを提案。やがて共に捜査に乗り出す2人だったが、事件は想像以上に混迷を極めており……。

大友裕也(有輝)、西野斗真(高橋光臣)、神田瑠璃(趣里)、森田七雄(岡崎体育)
大友裕也(有輝)、西野斗真(高橋光臣)、神田瑠璃(趣里)、森田七雄(岡崎体育)

画像ギャラリー