高畑充希​​“雛子”、​​松田翔太“浅海”へのバックハグに「キャー!」

高畑充希​​“雛子”、​​松田翔太“浅海”へのバックハグに「キャー!」

高畑充希が主演を務める水曜ドラマ『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第5話が、2月9日に放送。ネット上では、高梨雛子(高畑)のすっぴんシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、カリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)に「子会社の社長就任」という特大のムチャブリをされたヒロイン・雛子が、仕事や恋の無理難題を体当たりで乗り越えていく様子を通して、素敵な女性に成長していく姿を描くお仕事エンターテインメント。

浅海が山梨にやってきた。突然の登場に驚く雛子と大牙涼(志尊淳)​​。彼曰くワインを飲みに来たという。浅海は一口飲んだあと「大牙くんは高梨のことどう思う?」と質問。雛子は一瞬ドキッとするが、“社長として”の彼女について聞きたいらしい。大牙は「ちょっと普通とは違うところが多いですけど。部下に指示を出さなかったり、あまり社長っぽくはないかなと」と本音をこぼす。雛子は“何タイムなんだよこれ……”と苦笑いを浮かべた。

その後、雛子が温泉に入って廊下を歩いていると浅海を目撃。すっぴんだったことを忘れていた雛子は、こっそり部屋に戻ろうとしたが、浅海に気づかれてしまう。

「島本ワイナリーとの契約、君ならとれると思っていた。がんばったね」と浅海。彼の言葉にがぜんやる気が出た雛子は「ありがとうございます。私、頑張ります。もっともっと頑張って、いい社長になります!」とモチベーションが上がった。そんな2人を風呂上がりの大牙はこっそりと見ていた。東京に戻った雛子は、浅海のような決断力ある指示を出すが、それがあらぬ方向に向かってしまい……。

雛子はそんな状況を浅海に相談すると飲みに連れて行ってくれた。気持ちも晴れ、外を2人で歩いていると、専務取締役・葛原啓次郎(坪倉由幸)がライバル社の野上豪(笠松将)と2人で会っているところを目撃。葛原の裏切りともとれるその行動を見て、浅海は「予想はついていた。裏切っていたとしてもなんとも思わない」とあくまで冷静。雛子には、誰が敵で味方かを考えることはあるかと問い、自分は考えないし「誰のことも信じなければいい」とこぼしていた。

そんな浅海の淋しげな様子が気になっていた雛子。ある日、彼の誕生日を祝っていると、浅海は「君といる時だけは、なんでこんなに笑えるんだろう?」とぽつり。雛子は彼を後ろから抱きしめ「私がいます……社長には私がいます」と声をかけた。

ネット上では、雛子のすっぴんに「可愛すぎる」との声が。ラストの雛子から浅海へのバックハグには「やっぱりいい」「キャー!」とのつぶやきがあった。

次回は2月16日に放送。雛子のもとに母・令子(草刈民代)が突然現れ​​る。

画像ギャラリー