志尊淳“大牙”、社長像を模索し奮闘する高畑充希“雛子”を心配し…

志尊淳“大牙”、社長像を模索し奮闘する高畑充希“雛子”を心配し…

高畑充希が主演を務める水曜ドラマ『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第5話が、2月9日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、ヒロイン・高梨雛子(高畑)が仕事や恋の無理難題を体当たりで乗り越えていく様子を通して、ひとりの女性として素敵に成長していく姿を描くお仕事エンターテインメント。

第4話では、雛子と大牙涼(志尊淳)が伝説のワインを求め2人きりで出張へ。無計画の雛子にイライラが募る一方で、彼女に対しての複雑な気持ちも抱いている大牙。「俺、あなたのことすっげぇ嫌いなのに……」となにかを言いかけたところに浅海寛人(松田翔太)が急に現れ……。ネット上では、大牙の揺れ動く胸中に「雛子に傾いている」「心が揺れてる」との声が。浅海社長の登場には「勝てねぇ」「いいところで来た」とのコメントがあった。

<第5話あらすじ>
理想の社長とはいったいどんな人物なのか? 浅海寛人(松田)のような優れた決断力を持った社長を目指そうと決意した高梨雛子(高畑)は、フレンチレストラン「プチボナール」のチェーン展開に向けて、47都道府県の食材を集めたフェアを企画。慣れないリーダーシップを発揮しようとする雛子を、大牙涼(志尊淳)は心配する。

案の定、良かれと思った行動が暴走に繋がり、社員からそっぽを向かれてしまう雛子。社員の信頼を取り戻し、フェアを成功させるためにはどうしたらいいのか? 悩む雛子は浅海に相談するが、彼は想像以上の孤独と戦っていて……。

浅海と大牙のサポートを受けながら、雛子が自分なりの“社長像”を模索しながら奮闘する。

画像ギャラリー