浜辺美波“白夜”、頬赤らめる高橋文哉​​​“佐久間”に「きゅんですか?」​​

浜辺美波“白夜”、頬赤らめる高橋文哉​​​“佐久間”に「きゅんですか?」​​

浜辺美波が主演を務めるドラマ『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第4話が、2月7日に放送。SNS上では、高橋文哉​​​演じる佐久間新平の号泣シーンに「泣いた」とコメントする人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

本ドラマは『金田一少年の事件簿』をはじめ、あまたのヒットドラマの原作を手掛けた樹林伸氏の小説が原作。豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜(浜辺)が、医師たちの診断を「それ、誤診です!!」と覆して患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマ。

外科に配属となった研修医の佐久間。病院の廊下にて、高校時代の恩師で合唱部の顧問だった鳥羽泰三(橋爪淳)と再会した。“合唱”に興味を示した白夜は、病室に来た生徒に指導する鳥羽の姿を見て「声帯を震わせて声を楽器のように放出しているということですね。これが歌……私もやってみたいです!」と、鳥羽に教えを乞うた。

鳥羽は腫瘍の摘出手術を受ける​​ために入院している。CDTが検査不十分で誤診を指摘したものの、鳥羽の執刀を担当した真壁仁(小手伸也)は、予定通り手術を実施した。その後、病気が進行していることが発覚。真壁は「これではオペができない。多発転移だ」と言い、鳥羽には手術による根治は難しいと説明した。緩和ケアだと余命1か月だ。

高校のとき、医療の世界へ行くのを諦めていた佐久間の背中を押してくれたのが鳥羽だった。積極的な治療を行わないという決断をした恩師の“生きたい”気持ちを感じた佐久間は、彼の病気を治す方法はないのか、論文や資料を見て治療方法を探した。

そんな佐久間の調査もむなしく、鳥羽が亡くなってしまう。喪失感にかられながらも、生前、恩師が書いていた指導ノートを読む佐久間。最後のページには震える字で「佐久間ありがとう」の文字が書かれていた。そばにいた白夜は、号泣する彼を静かに見守るしかなかった。

その後「佐久間先生は立派な医者です。私も佐久間先生のような諦めない命を救うスタッフになります」と白夜。彼女からの嬉しい言葉に佐久間が戸惑っていると、白夜は「頬が赤いです。きゅんですか? 耳まで赤いです。きゅんですか?」と問いかけた。

SNS上では、恩師を思う医師・佐久間の思いに「キラキラしてた」「泣いた」「感動した」とのコメントがあった。

次回は2月14日に放送。真壁は、最新のAI診断システムを活用して​​CDT解散を狙う。​​

画像ギャラリー