安田顕“佐々木”、巻き舌“フェロー”にこだわる強烈キャラに「変態がすぎる」

安田顕“佐々木”、巻き舌“フェロー”にこだわる強烈キャラに「変態がすぎる」

成田凌が主演を務める土曜ドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第4話が、2月5日に放送。ネット上では、安田顕が演じるバイオベンチャー企業の天才研究者・佐々木世志郎の“強烈”なアクションに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

恋人殺しの濡れ衣を着せられ、地位も名前も捨てて逃亡を続ける天才外科医・藤木圭介(逃亡時の偽名:鳴海健介/成田)。極限の逃亡生活の中で遭遇する「彼にしか救けられない患者」たち。追手が迫り来る中、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる、誰も見たことのない“サバイバル・ドクター・エンターテインメント”。

八神拓郎(松岡昌宏)は、妹の妙子(桜庭ななみ)殺しについて指名手配されている藤木を捕まえ、川に沈めながら自白を迫った。濡れ衣のため、必死に否定していた藤木だったものの突然気を失ってしまう。脈が止まっているのを確認した拓郎は「クソッやりすぎた」と、彼を川べりにひきずり出し、心臓マッサージと人工呼吸で蘇生をはかった。

目を見開いた藤木が、隙を狙って股間を攻撃し「すみません!」と逃走。藤木は、気絶していたわけではなく、脇に石を挟んで腕の血の巡りを止める止血法・間接圧迫止血法​​を使って手首の脈を止め、拓郎を騙したのだ。

一方、妙子の身柄は、佐々木のもとにあった。彼女は生きていたものの、佐々木の力を持っても目を覚ますことはなかった。佐々木は、警視総監に金を渡し、藤木を連れてくるよう迫る。

拓郎の調査により、妙子の親友だと名乗っていた烏丸京子(前田敦子)が、バイオベンチャーの関係者だということが発覚した。そんな彼女のもとに佐々木がやってくる。彼が、烏丸の仕事ぶりを褒めると「佐々木フェローが素晴らしい薬を次々に開発していただけるおかげで、営業局としても仕事が楽です」と語りかける。

そんな彼女の言葉をボイスレコーダーで録音し、再生する佐々木。恍惚の表情を浮かべ「君のお世辞が大好きでね。佐々木フェローの“フェロー”の部分だけ録らせてくれないか。できれば巻き舌で“フェロー”って」と。その後、藤木の話になり、烏丸は妙子の家から持ち出した荷物を並べるが、「F」と書かれたテープだけは渡さずにいた。
​​
ネット上では、佐々木の強烈キャラクターに「変態がすぎる」「インパクトありすぎた」「不気味」とのコメントが。人工呼吸シーンには「ドキッとした」「破天荒過ぎ​​」との声があった。

次回は2月12日に放送。藤木は、都波健吾​​(酒向芳)教授が参加するシンポジウムへ行く決意をする。

PICK UP