松井愛莉、サスペンス作品初参加!内藤剛志主演『樋口顕』シリーズ

松井愛莉、サスペンス作品初参加!内藤剛志主演『樋口顕』シリーズ

2月7日の月曜プレミア8枠(テレビ東京系、毎週月曜20:00~)は、内藤剛志主演の今野敏サスペンス『憐情 警視庁強行犯係 樋口顕』が放送される。今回、サスペンス作品へ初参加となる松井愛莉がゲスト出演する。

本格警察小説の名手・今野敏の本格ミステリーを原作とした「樋口顕シリーズ」は、15年以上にわたりスペシャルドラマとして10作が放送され、昨年1月には「金曜8時のドラマ」枠で初の連続ドラマとして放送された人気シリーズ。今回は待望の「警視庁強行犯係 樋口顕」11作目となる。

主人公の警視庁捜査一課強行犯係・樋口顕役を演じる内藤のほか、これまでのシリーズを支えてきた、佐野史郎川上麻衣子逢沢りな榎木孝明といったレギュラーメンバーも引き続き登場。さらに、矢田亜希子佐野岳片山萌美小松利昌石野真子津田寛治といった俳優陣も顔をそろえる。

<あらすじ>
工場社長の小菅洋一(黄川田雅哉)が帰宅中、何者かに殺される。現場にはバッグチャームが。警視庁捜査一課・強行犯係の樋口顕(内藤)らが自宅を調べると、A、Y、M、Sという英字が書かれた預金通帳を発見する。

遺留品のチャームは岩井誠二(中田圭祐)が特注したものだと判明。しかし誠二は年前5強盗致死事件を起こし、自殺していた。

誠二の母・美月(石野)は天童隆一管理官(榎木)の古い知人。その話を聞いた樋口は美月の元に向かう。美月はチャームは自分のものだと認め、事件時刻のアリバイもなかった。指紋と毛髪採取にも素直に従った。

一方、樋口班の藤本由美(片山)は工場を休んでいたルーク(トミサット)を訪ねる。しかし同僚の態度を見て不審に思った藤本は、ルークが居酒屋で不法就労している事実を知る。怪我で働けなくなった友人の代わりに働いていたのだ。そこに、店の法令違反を聞きつけた東洋新聞の遠藤貴子(矢田)も取材にやって来る。

ルークは強制送還されるかもしれないと聞き、弁護士の羽澄京子(松井)を呼んで欲しいと懇願する……。

画像ギャラリー