田中圭&ディーン・フジオカら豪華キャスト広瀬すず主演『津田梅子』出演!

公開:

広瀬すずが主演を務めるスペシャルドラマ『津田梅子 ~お札になった留学生~』(テレビ朝日系)が、3月5日(土)21時から放送される。このほど、宮澤エマ井之脇海伊藤英明内田有紀原田美枝子ディーン・フジオカ田中圭平岩紙が出演することがわかった。

本作は、日本初の女子留学生としてアメリカに渡り、ガールズパワーで女子教育の道を切り拓いた津田梅子(幼名・梅/広瀬)の青春を描く大型スペシャルドラマ。結婚や仕事について悩む等身大の姿にもスポットを当て、“誰も知らない津田梅子”を丁寧に綴っていく。

そんな梅を力強くバックアップするのが、ともにアメリカ留学をやり遂げた親友2人――。山川捨松(池田)と永井繁(佐久間)だが、もう1人大きな支えとなった留学仲間がいた。それが、吉益亮(よします・りょう)。彼女は眼病にかかって1年たらずで帰国してしまうが、その10年後、留学を終えた梅と再会し、友情を育んでいく。亮を演じるのはミュージカル女優として実力を発揮するだけでなく、映像作品でも活躍めざましい宮澤。やさしさの中に強い意志を秘めた女性を、まっすぐ表現していく。

梅と同様に海外に留学し、のちに学者として活躍する神田乃武(かんだ・ないぶ)を演じるのは、作品ごとに違う顔を見せる若手実力派・井之脇。梅は神田に淡い恋心を抱くが、そんな梅の思いに気づかぬまま、神田は捨松に好意を寄せる展開に。はたして梅の初恋はどんな結末を迎えるのか!?   

梅の両親を演じるのが、伊藤と内田。梅の父・津田仙(つだ・せん)は自身も渡米経験を持ち、わずか6歳の梅を留学生としてアメリカに送り出すことを決意した豪胆な人物。先進的な思想とチャレンジ精神が旺盛な仙を、伊藤が豪快に演じる。

そして、娘を愛しながらも、西洋式の考えを身に着けて帰国した梅の心情を理解しきれない母・初(はつ)の苦悩を、内田が繊細な演技で体現する。さらに、ベテランの原田が広瀬からのバトンを受け取って晩年の梅に扮し、作品全体のナレーションも担当する。

本作では、明治というエネルギーに満ちた時代の息遣いもあざやかに描写。誰もが知る歴史上の人物も多数登場し、物語を彩る。その1人が、初代文部大臣・森有礼(もり・ありのり)。梅たちが留学した際は、現地で彼女たちを手厚くサポート。常に梅のメンター的存在であり続けた森有礼を、ディーンがスマートに演じる。

初代内閣総理大臣・伊藤博文(いとう・ひろぶみ)を田中が演じることも決定。近代日本の礎を築いた元老の若かりし頃を田中が人間味たっぷりに造形していく。

また、平岩が桃夭女塾(現・実践女子大学)を作った歌人・下田歌子(しもだ・うたこ)に扮し、梅とはまた違うタイプの教育者としてドラマの世界に降り立つ。

PICK UP