パンサー向井&菅、ギャラのためにプライドを捨て尾形の持ちギャグを好演

パンサー向井&菅、ギャラのためにプライドを捨て尾形の持ちギャグを好演
最新エピソードを無料視聴

ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)が2月1日に放送。パンサー向井慧尾形貴弘菅良太郎)がイメージキャラクターを務めるCMが紹介され、尾形を中心とした演出に、明らかに気乗りしていない様子の向井と菅の表情がクローズアップされた。

今回は、メンバーのあまり知られていない「こっそり仕事」をリサーチして紹介する「こっそりこんな仕事やってました!!」を実施。2016年から尾形がピンで出演し、2017年からはパンサー3人でイメージキャラクターを務め、福島を拠点にパチンコホールを展開する「つばめグループ」のCMが紹介された。

CMでは、尾形を中心とする演出がされており、尾形の持ちギャグ「サンキュー」や「メンタル」も3人でポージングしているため、向井は「これに関してはマジこっそりしときたかったです」と吐露。「俺と菅さんがあんなに普段、『サンキューつまんねぇ』とか『メンタルつまんねぇ』って言ってるのに、金のためだったらやってるっていうところが……」と、“ギャラのためにプライドを捨てた”ことを知られたくなかったと明かした。

すると狩野英孝が、尾形がCM契約を継続させるために、つばめグループの社長とマラソンをしていると告げ口。有吉弘行が「社長的には尾形だけでいいんじゃない?」と尋ねると、尾形は「(向井と菅が)嫌々やってる感じが好きみたいですよ」と、向井と菅の気乗りしない様子が好評を得ているという。

そこで再度、2人の表情に注目してCMを再生。番組で入手した撮影素材映像もチェックすると、尾形とは明らかに異なるテンションの2人の姿が。映像の中で菅も「ドッキリじゃないですよね?」とスタッフに確認する場面が映し出され、有吉や山崎弘也アンタッチャブル)がすかさずツッコみを入れる。その後、菅は同じシーンを70テイクほど行ったと向井が明かし、スタジオを驚かせた。

次回、2月8日は「格付けしあう女たち」と題し、元アイドルから売れっ子モデル、女子アナ、人気女芸人など、注目の女性タレント集結の格付けバトルが放送される。