声優・悠木碧が“だいたい全部”を担当する自堕落アニメ『あたしゃ川尻こだまだよ』が話題

声優・悠木碧が“だいたい全部”を担当する自堕落アニメ『あたしゃ川尻こだまだよ』が話題

漫画家・川尻こだまのエッセイ漫画が原作のアニメ『あたしゃ川尻こだまだよ~デンジャラスライフハッカーのただれた生活~』が、FODで配信中。各話の内容はもちろん、主人公・川尻こだまの声を含む“だいたい全部”を担当する声優・悠木碧の演技も話題を呼んでいる。

SNSから火がついた原作漫画は、アカウント開設から1年足らずでフォロワー数29万以上を獲得し、昨年は書籍化もされた人気作。アニメはOP含めて1話2分30秒というお手軽さで、今年の1月よりEXITがMCを務めるトークバラエティ『EXITV!~FODの新作・名作をPon!Pon!見せまくり!~』(フジテレビ、毎週木曜25:25~)内で放送されている。

原作同様、アニメで繰り広げられるのは川尻の不摂生で怠惰な日常。味が濃い食べ物とビールをこよなく愛し、スーパーのいなげやに足繁く通う川尻の暮らしぶりが描かれる。食と睡眠と在宅仕事が生活の中心で、1話で本人が「人生ずっと漠然と生きてんな……」と評した通りの毎日が過ぎてゆく。

チャーシュー麺ダイエットにチャレンジしてみたり、醤油をたっぷりつけたパック寿司をビールで流し込んだりと、食事は基本的に塩分とカロリーが高めで、好物のからあげやシャケ弁などもヘビーローテーション。寝ることも大好きで、仕事中でも生産性を上げるためにあえて寝たり、仮眠のつもりが熟睡してしまったりと、“あるある”な内容も盛り込まれている。

そんなグータラな川尻を演じる悠木は、『魔法少女まどか☆マギカ』や『君の名は。』などの代表作で知られる人気声優で、本作でも確かな演技で作品内のゆるい世界観を作り出している。また、川尻の他にも学生時代の友人や効果音など、川尻に天啓を与える天啓猫(CV速水奨)以外のだいたい全部を担当。その演技の幅広さに、SNS上では「さすがだなぁ」「これはすごい」「いい味出してる」「ビックリ」などのコメントが寄せられている。