松岡昌宏“拓郎”、成田凌“藤木”を追い詰めボコボコ「強すぎ&怖すぎ」

松岡昌宏“拓郎”、成田凌“藤木”を追い詰めボコボコ「強すぎ&怖すぎ」

成田凌が主演を務める土曜ドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第3話が、1月29日に放送。ネット上では、ついに藤木圭介(成田)を追いつめた八神拓郎(松岡昌宏)の狂気的な行動に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

恋人殺しの濡れ衣を着せられ、地位も名前も捨てて逃亡を続ける天才外科医・藤木圭介(逃亡時の偽名:鳴海健介)。極限の逃亡生活の中で遭遇する「彼にしか救けられない患者」たち。追手が迫り来る中、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる、誰も見たことのない“サバイバル・ドクター・エンターテインメント”。

藤木圭介(成田凌)、沢井美香子(森七菜)
藤木圭介(成田凌)、沢井美香子(森七菜)

山で怪我をした少年・松田健太(白髭善)の手術を終えて逃亡した藤木と、バスで落ち合った沢井美香子(森七菜)​​。「沢井先輩を巻き込んでしまっていますね……」と申し訳なさそうにする彼に「勝手にやっていることなので、気にしないでください」と返した。彼は、どうしても都波健吾​​(酒向芳)教授に会いたいらしい。

一方、拓郎と刑事の筋川二平(和田聰宏)は、藤木の行方を追っていた。目撃情報のあった工場跡地に向かうも、そこに彼はいない。じつはこれ、ひとけのないところに拓郎を誘き寄せるための作戦。筋川は、隙を見て背後から鉄パイプで攻撃しようとしたが、タイミング悪く拓郎が振り返ってしまう。

拓郎はニヤニヤしながら「バレちゃったなぁ」と筋川をボコボコに。しかし、遅れてやってきた筋川の仲間が、拓郎の後頭部を殴打。彼を拘束した。筋川たちは拓郎に恨みがあったのだ。

香川(升毅)の手術を行う藤木(成田凌)
香川(升毅)の手術を行う藤木(成田凌)

派手に動いたことで警察に通報され、取り囲まれてしまった藤木。絶体絶命のピンチの中、そこに拘束を解いた拓郎がやってきた。大立ち回りで警察6人をなぎ倒し、強引に藤木を連れ出す。

拓郎は、川べりで「助けたわけじゃねーぞ。てめぇが捕まったらこうはできねぇからな」「1人でやったのか。共犯者はいるのか?」と藤木を殴る、蹴る! あの日、八神妙子(桜庭ななみ)に呼ばれて屋上に行っただけだと弁明しても、拓郎は“自白した”と捉えた。そして、藤木の首根っこを掴み、川に顔をうずめた。

シーンカット
シーンカット

ネット上では、執拗なまでに藤木を追う拓郎に「強すぎ&怖すぎ」「狂気やべーわ」「ハマリ役」などの声が寄せられた。

次回第4話は2月5日に放送。藤木は、東京に行くという都波教授を追うため、業務用トラックの荷台に忍びこむが……。

画像ギャラリー